マイリスト

« バックにグラデーション、下からライト | トップページ | プロヘッド »

2014年7月30日 (水)

オパライトの遮光版を自作

オパライトの遮光板は、ストロボチューブの光りが直接正面へでないように拡散するものです。
鉄板の丸い遮光板なので、オパライトで直射すると中心部が落ちて丸い影になるものがあります。いわゆる中落ちということ。トレーシングペーパーでデフューズすると,トレーシングペーパーに丸い影ができます。デフューズしたもので照射したときは問題がでません。

モーラ・オパライトが良いのは灯体が波打っている形状と、遮光板がパンチングメタルになっていることです。もしかするとモーラのパテントなのかも知れません。
そこで、ONの各種サイズ用オパライトのパンチングメタルの遮光板を造りました。

2015219o2

パンチングは東急ハンズで丸く加工してもらった。アルミ棒は適当なものにパンチングをビス止め。

2015219o1

力がかかるところではないので柔でもいい。

2015219o3

ONの75cmRDS改のオパライトです。

2015219o4

実際に直で照射したところさほどの差はなかった。パンチングが少し明るいだけでした。

2015219o5

パンチングの直射です。

2015219o6

均一なのは鉄板タイプで,中心部が明るいのがパンチングタイプ。

色温度がパンチングが高い。直射があるからだと思われる。


ONでは機材を使いやすいよう改良しています。

スタンドやセンチュリーーブームのポール、ストッパー、ヘッドなど見た目でわからないが材質を変えています。

オパライトの効果は
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-af16.html

モーラ・オパライトとRDS改の違い
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-0e50.html

スカイパン改のオパライトは
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-7376.html

オパライトの照射範囲のテスト
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-50a9.html

東京新宿 スタジオオン
03-3363-0077
http://onphoto.co.jp/

« バックにグラデーション、下からライト | トップページ | プロヘッド »

備品」カテゴリの記事