マイリスト

« 中筋さんの写真展「チェルノブイリ」が終了 | トップページ | Teruさんの作品撮り »

2014年7月31日 (木)

照明屋さんのライティングは勉強になる

ONではVTRの方が撮影される時は、照明屋さんが入ることがあります。

先日、1stと2stのふたつのスタジオをVTRとスチールで同時に使いました。

ONでは6時間以上の撮影ではふたつのスタジオを12000円/時間と画期的な料金でお出ししています。1stと2stは同フロアーにあり、地下にスタジオがあるので、どちらでも同時録音が可能です。

そのときの照明屋さんが、まずキノフロ8本組をホリゾントに向けて3灯上に吊って、バックを照明。若干光量を落とすためにキノフロ本体の蛍光灯を3本~4本づつ抜いて使っていました。

面白い使い方です。

メインライトはホリゾントの見切りから1.2kwHMIを人物にバウンスで。

全体の押さえに、スタジオ内のテラスの上から2m四方のデフューズ越しに2.5kwHMIを1発。

若干メインより落とした白ホリゾントの壁面にミラーボールで光彩を作っていました。VTRなのでぐるぐる回る光彩です。

全体のバランスを、ほどよい明るさにコントロールするのは、さすがに照明屋さんです。

スタジオをフルに大きく使っていました。それが上手な撮影現場です。

同時に使っていた2stは、スチール撮用にストロボをセットしたままで、タレントさんたちの控室になっていた、、、。

TOKUTOKUキャンペーンでふたつのスタジオを使うと撮影がスピーディーになります。

ONが想定した使い勝手のある撮影状況でした。

1stでVTRの同禄、2stでタレントさんのスチール撮り!

1st+2st料金がTOKUTOKUに
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-b89d.html

新宿のスタジオオン 白ホリゾントが3面
http://onphoto.co.jp/

« 中筋さんの写真展「チェルノブイリ」が終了 | トップページ | Teruさんの作品撮り »

ライトワーク」カテゴリの記事