マイリスト

« ONのブックシェルフには | トップページ | トイレはウォシュレット »

2014年7月24日 (木)

天井バウンス

ONの3stは天井、壁とも白く塗装しています。

トップから広くフラットに光を回したい時は、傘を使うかTKボックスを吊るか、スカイを使うか方法が色々ありますが、いちばんトップを高くセットできるのが、白い天井にバウンスする方法です。

ストロボのセット、設置例で実験を見てください。

2015513g3

高さ5mある天井に、バトンを利用してストロボヘッドを6灯上向きにセットしました。ヘッドの数は幾らでも増やせます。

中心5㎡に光が集まっていますが、ヘッドの数、バトンの高さを変えることで散らし具合を調節してください。

大外に6mの紗幕バトンがあるので、それを利用して広くライトを散らすことも、紗幕を張りディフーズすることも可能です。

天井にバウンスしているストロボヘッドを見ましょう。

2015515t1_2

3stのスカイ枠に直接G型クランプを介してヘッドを付けます。

2015515t2_2

ストロボヘッドはちょうちんにしています。手前に黒ケント紙をはれ切り用につけています。

角度を変えてみると。

2015515t3_2

ちょうちんはハレーションが入りやすいので、ハレ切りを付けました。

発光しました。

2015515t4_3

ちょうちんを天井にバウンスしました。できるだけ広く光を散らしたい。チョウチンと天井の距離は、バトンなので距離は変えられます。

2015515t5_2

天井からのライト1発です。

3stは

幅8m×高さ5m×引き11m

自然光とストロボ光の対比は

http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-7413.html

トップにカサバンを吊る方法をYouTube動画で説明

東京新宿 STUDIO ON

« ONのブックシェルフには | トップページ | トイレはウォシュレット »

ライトワーク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。