マイリスト

« 鉄ダボ、銅ダボ | トップページ | オパライトのテスト »

2014年7月26日 (土)

蜀山会(鎧神社)の神輿を担いだ

2008年9月15日鎧様のお祭りでした。

ONの地元の神輿をかつぎです。

080914y1

鎧神社の祭りですが、 ここの町内は小さいので担ぎ手が少なく、最初は助っ人で参加していたが、今はスタッフも乗り気でかつぎに行きます。

3時間近く重たい神輿をかつぐと、汗びっしょり。

肩が赤くはれます。

距離は数キロだと思うが、途中で休まなくちゃ疲れてかつげません。

初めは大勢いたかつぎ手は、中途のころになるといなくなって、最後のころにまた大勢になる。おいおい中抜きしないでくれよーーーと。

うちらは、マジにずーとかついでいたから大変だった。例年かつぎての交代がいないのだもの。

080914y3

それでも、今年は人数が集まり、昨年よりだいぶ楽。場所柄なのか、韓国人の女性たちが4人も参加。

楽しんでいたようすで何よりです。

080914y2

スタッフは格好を決めたつもりだったが、見かねたベテランがビシッと頭をやり直してくれた。

ONは祭りの寄付だけしていたが、あるとき世話人が集金に来たときに、若いかつぎ手はいないか?と尋ねられたんで、、、ふたつ返事で引き受けた、その年は4人で初参加。

今年は休日にかかわらず、ONから6人+1人(写真班)で意気揚々乗り込みました。

******

ここの町内は昔、柏木3丁目と言われていたところ、今は北新宿ですが、祭りのエリアは昔のまま。町内会の名前なのかハッピには蜀山睦(しょくざんむつ)と書かれている。

長老に聞いたところ言い伝えでは、この近所の坂道に、むかし殿様が通りかかったところ、中国の三国志に出てくる蜀(しょく)の風景に似ていると言ったそうで、それで蜀江坂(しょこうざか)と名づけられたそう。蜀の国は景色が良いところだったらしい。

それと、江戸時代の頃は、このあたりいったいは春日のつぼねの土地だったとか。西条八十(やそ)が住んでいたとか、いろいろ土地のことを聞き出した。

社会勉強になった神輿かつぎでした。

東京新宿 STUDIO ON

« 鉄ダボ、銅ダボ | トップページ | オパライトのテスト »

スタッフ」カテゴリの記事