マイリスト

« トンカツにいむら | トップページ | 釜寅、お弁当 »

2014年7月30日 (水)

3stを完全遮光、黒布を吊る

3stは普通の白ホリスタジオと同じような使い方ができます。完全遮光しても内側が白いスタジオです。

100217k7


右大きな窓は黒い遮光カーテン2枚、内側に紗幕1枚がかかっています。基本的に白いスタジオです。

左の出窓は金属シャッターで遮光します。

3stは自然光撮影が可能ですが、完全遮光して通常撮影もできます。左右の窓を開ければ空気の換気が早い。

天井の高さが3stは5m、全面白なのでストロボを5灯天井バウンスしてみました。

ストロボヘッドを「ちょうちん」にして上向き。

天井バウンスするときは、色温度が下がる可能性があり、カメラ側で色を合わせてください。PCでも色調整は簡単ですが、撮影時にやっておくほうがより正確。

100217k2

3stの紗幕枠は6mあるので、枠を利用して6×5の黒布が吊れます。

100217k1


正面に6m×10mの黒布を敷き込みました。

遮光黒布料金は
7m×11m   7000円
6m×7m    5000円
3m×6m    3000円

別珍黒布は
4.5m×8m  15000円

黒布で四方を囲うと白い箱の時に比べて2絞り暗くなります。

100217k4


黒空間の大きさは、3stは左右幅が6mで、黒布高さは4m50cmです。

**********************************

3stは自然光スタジオですが、遮光すると通常スタジオとして使いやすい機能を持っています。

天井高が5m、幅が8m、引きは11mですが、EV前まで引くと13.5mもあります。

3stは自然光スタジオとして人気がありますが、通常スタジオとして使っても、大きな窓があって開放的だと実は大好評です。撮影の合間に遮光カーテンを開けて息抜きできるからでしょう。

3stの南側は大きな駐車場に面していますから、車の音などが入るので同録撮影には向いていません。

100217k3

3stのバトンは3種類

正面のペーパーバトン(最大幅6m)
スカイバトン(前後に可動レールが2本)
紗幕バトン(一辺が6m)

3st自然光の入りかた
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-cfd4.html

3st自然光で俯瞰撮影
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-5409.html

3stで天井紗幕(天紗)
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-28f2.html

3stの南窓の近くに布や紙をたらして撮影
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/3st.html

東京新宿 STUDIO ON 白ホリゾントが3面

« トンカツにいむら | トップページ | 釜寅、お弁当 »

ライトワーク」カテゴリの記事