マイリスト

« 暑中お見舞いに写真を転用 | トップページ | 白ホリスリッパ »

2014年7月30日 (水)

背面紗幕

スチール用ライティングで背面紗幕があります。

背面紗幕の作り方を紹介します。

ONには6m×6mと6m×4m、4m×4mの紗幕があります。

今日は、1stで4m×4mの背面紗幕を作ります。

2015514h4

紗幕サイズは、スタジオでは小さく見えますが幅4mあります。高さはアルミ・ハイスタンドいっぱいなので3.8m。

この1stは天井高が6mありますので、この中に2階建ての家がすっぽり入ります。

2015514h3

背面紗幕は紗幕を背にしてカメラマンが立ちます。その際はできるだけ紗幕に近いところに立つのがデフォ。

2015514h5

その理由はできるだけ大きな光源をカメラマンの後ろからライティングしたいからです。離れては意味がなくなります。

2015514h6

モデルさんの立ち位置も、カメラマンから近いことが多い。できるだけ大きな光源でモデルさんをライティングしたいからです。

2015514h7

面積の広い光源の前に立つので、大きなリングライトと思えば間違いない。ただし、面積がはるかに大きいのでリングライトの影はない。

のっぺらぼうなライティングです。

フロント紗幕の目の中の映り込みの、距離による変化を見ましょう。
紗幕は4m×4m、ストロボは4台4灯。

紗幕から距離は2m

2015514h10

紗幕から距離は3m

2015514h9

紗幕から距離は4m

2015514h8

同じ背面紗幕(フロント紗幕)でも紗幕の大きさや距離で目の中の映り込みが違ってきます。

V字型紗幕は

http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-c20e.html

東京新宿 STUDIO ON

« 暑中お見舞いに写真を転用 | トップページ | 白ホリスリッパ »

ライトワーク」カテゴリの記事