マイリスト

« 古武士、ラーメン | トップページ | スタジオフロアーが禁煙に »

2014年7月30日 (水)

リングライト、大型と小型を比べる

プロ用大型リングライトはON備品にはありませんので外注いたします。

プロ用は電源ジャックを変えることで、各種ストロボメーカーに対応、3000wぐらいまで入力できます。

ONはレンタル・スタジオですのでストロボは20台20灯置いていますが、特殊なストロボはお取り寄せいたします。

ギアハウスさん
http://www.gearhouse.co.jp/

優美レンタルさん
http://www.yubi-rental.co.jp/

当社にある小型リングライトとプロ用リングライトをテストしてみました。

ではプロ用リングライト外観から。

100116p1

手持ちでは重たいぐらいです。上から覗くハッセルのようなタイプでは手持ち撮影が可能かもしれない。

100116p2

カメラレンズのセンターをリング発光部の真ん中に合わせます。

100116p3

発光部チューブの直径は40cmぐらい。

100116p6

カメラ取付け部と発光部は自由に動く。

可動部が多いので簡単にセットと言うわけにはいきません。自由度を優先にしています。

100116p7

発光部のコードは2本あり、優先順位があります。

カメラがオートフォーカスだと断然使いやすいのですが、、、。

100116p4

カメラ取付けは上下できる。

100116p5

底にでっぱりがあるので、三脚取付けは工夫してください。

*************

小型のサンパックDX12R RingFlashは当社備品です。口径が合わない機種がありますのでご注意。

100116s1

サンパックは一般向けなので、基本設計が簡単操作です。

プロ用に比べてパワーは少ないが、リングライトの使用場面やカメラがデジタルメインになったことを考え合わせると、意外に使い勝手がよいかもしれません。

100116s2

絞りはマニアル操作します。デジタルだと、結果がすぐに確認できるのがよい。

100116s3  

NikonD300sにつけていますが、オートフォーカスで手持ち撮影が軽快にできました。

反対にマニュアルフォーカスはピントリングが発光部の中に入ってやりずらいことがあります。

100116s4

TTL調光はアダプターシューを変換すればできますが、確実性と汎用性のためシンプルなシューにしています。

単三電池4本でそれなりの発光時間で撮影可能。近接撮影ではホボノンチャージ。

1/16、1/8、1/4、1/2とパワーを切り替え。

ガイドナンバーは12です。

レンズマウントは

52mm、62mm、67mmがあります。

キャノン用の52mmはノーマルと違うらしくて別売りで現在は在庫がありません。

100116s5

外部シンクロコードが使えます。

*******************

では写りぐあいを見ましょう

大型と小型で撮影した写真を交互にお見せします

最初は大型

距離50cm

レンズ28mm

出力35w

100116pf1

絞F11+1/2     

バックに150wを発光

100116pf2

リングライトの口径が大きく、目の中に映り込みがあります。

バックにライトをあてると、リングライト独特な影が消えます。

次はサンパック

距離50cm

レンズ28mm

出力1/16

絞F8

100116st1

バックに150wを発光

100116st2

サンパックと大型の発光部の口径の違いか、サンパックで撮った写真は立体感に乏しい。目の中の写りは発光部が小さいため点光源です。

サンパックだと、ワイドでもっと寄ると、リングライト効果が(グリット感)現れるようです。元々がマクロ撮影用と言っているのでしかたなし。

リングの口径を変えると普通撮影に使えそうです。

もう少し距離をとってみます。50cmから1mまで離れました。

大型から

距離1m

レンズ28mm

出力75w

絞F11+1/2

100116pf3_2

バックに150w発光

100116pf4_2

ここまで引くと目にリング状写り込みはない

サンパックでは

距離1m

レンズ28mm

出力1/4

絞F8.2

100116st3

リング状光源が小さいぶん影がシャープ。

100116st4

やはり立体感は大型リングライトのほうがあるようです。

バックの明るさは一定ですが、リングライトのパワーに合わせて絞りを決めているので、バックの明るさに違いが出てきます。

さらに引いてみます

大型から

距離2.5m

レンズ28mm

出力280w

絞F11+1/2

100116pf5

全身を入れます

100116pf6

次はサンパック

距離2.5m

レンズ28mm

出力FULL

絞F8

100116st5

全身を入れます

距離7m

レンズ85mm

出力FULL

絞F3.5

100116st6

ここまで引くと、ストロボヘッドによる差がなくなります。ただ絞が違いますので注意。

色は参考程度にしてください。

東京新宿の白ホリスタジオ STUDIO ON

« 古武士、ラーメン | トップページ | スタジオフロアーが禁煙に »

テスト」カテゴリの記事