マイリスト

« はな火屋、ラーメン | トップページ | 中筋さんの写真展「チェルノブイリ」が終了 »

2014年7月31日 (木)

地震の強さを時間経過で表示

東北大震災の前後を、地震の発生場所、大きさを時間経過でプロットした。これを参考にして詳しくやったものが以後多く見られた。最初は彼のアイディアでした。

「当社OBのMiyoshi氏」が今回の地震の発生場所と、各地の地震強度をプロットした時間経過を、YouTubeに発表しています。

地球規模の地殻変動が、どのあたりで何が起こっているか、これを見ると良くわかります。どのプレートが動いているか、時間経過を加味しているのでわかりやすい。

次は、どこが危ないか素人でも薄っすらわかります。

ご覧ください。

Miyoshi氏は写真家で自然観察者です!

【東日本大震災】震源地の推移
vol.1  11日~17日
vol.2  18日~25日
vol.3  26日~01日
【レイヤー表示の説明】
●黄線線=各プレート境界
・北米プレート:東日本
・ユーラシアプレート:西日本
・太平洋プレート:北米Pの東に隣接
・フィリピン海プレート:北米Pの南に隣接

●濃紺線=フォッサマグナ(以下の構造線に挟まれた地帯)
・西線:糸魚川静岡構造線
・東線:新発田小出構造線及び柏崎千葉構造線

●濃茶線=中央構造線
●薄茶線=沖縄トラフ

« はな火屋、ラーメン | トップページ | 中筋さんの写真展「チェルノブイリ」が終了 »

ニュース」カテゴリの記事