マイリスト

« 金兵衛、お弁当 | トップページ | さいころ »

2014年7月26日 (土)

板にペーパーを張る

;商品撮影のテーブル・フォトで3×6板、4×8板にセットペーパーなどを張ることがあります。

簡易な方法と、時間がかかるが仕上がりがきれいな水張りを、知っておいて損はありません。

①簡易方法

081010ha1

大きなペーパの四隅をしっかり押さえてカッターで切ります。

081010ha2

このとき押さえが足りなかったりすると、せっかくの新品ペーパーがべこべこになることがある。

四辺に切れ込みを入れています。

081010ha3

このとき板に紙のまきくせにしたがって張るほうがベター。今この写真では反対になっています。このペーパーの向きだと、場合によっては紙が裂けることもあり。

裏表が反対のほうが良い、悪い見本です。

081010ha4

切れ込みを入れたら、テープでいっきに止めていきます。最初にテープを付けておいたほうが早い作業ができます。

081010ha5

紙の反対側から引っ張りながらとめていきます。しわを真ん中から手のひらでとりながら同時にテープをとめます。

081010ha6

テープで止めた板をひっくり返してみました。こんな感じで紙が止まっています。

081010ha7

板張りが完成しました。ほぼ完璧ですが、水張りに比べると紙の浮きがあります。

フラットなライティングでは十分です。

②水張り

081010hb1

張りたい紙の裏面に布で水ぶきしています。布にはたっぷり水を含ませること。四隅まで水ぶきしてください。

このときも板の上に紙を置いたときベコベコしないほうが良い。

081010hb2

紙をぬらしたら、折らないようにひっくり返します。

板に置いたら動かさないほうがベター。グジャグじゃになる。

081010hb3

一発で置ければいいが。

081010hb4

真ん中から両はじを引っ張りながら、2人同時に止めていく。

今回はテープとホッチキスを使いました。角はホッチキスが効かないこともあります。

止めの間隔はできるだけ密のほうがいい。

081010hb5

水張りした状態。手前のしわが気になりますね。

これが乾くとどうなるか??

081010hb6

乾くとしわが伸び紙がピーンと張りました。

奥のほうにしわが少し残っている。

これは何度もやって慣れるしかないですね。

サンプル写真

081010hc2

拡大して見てください。

これはテープで止めた。

全体によくみると浮きがある。ですがこの方法では良くできたほうです。

081010hc3

拡大して見てください。

水張りのほうがピーンと紙が伸びました。シビアな商品撮影のときは水張りします。

水張りのときは板自体の表面がスベスベしているか確認してください。板がぶつぶつしていると、紙が両はじからピーンと張られるので、紙にもぶつぶつがでます。つまり、水張りのときは下地もキレイじゃなきゃダメということ。

081010hc1

水張りを干しています。

キレイに張るには多少の練習が必要。

« 金兵衛、お弁当 | トップページ | さいころ »

ライトワーク」カテゴリの記事