マイリスト

« 自然光の真俯瞰撮影 | トップページ | センチュリーアーム② 各種使い方 »

2014年7月30日 (水)

センチュリーアーム①

センチュリーアームは使いこなすと便利な道具です。
詳しく見てみましょう。

2015130c1

センチュリーアーム 1100mmダボ付き

センチュリーアーム  600mmダボ付き

センチュリースタンド RDS製 

当社のセンチュリーアームとセンチュリースタンド(不整地スタンド)はRDS製のものをそろえています。ダボ、アームを組み合わせて使います。当社にはアームは長さ110cmと60cmの2種類があります。

2015130c2

一般的には2本を組み合わせて使います。

これが標準的な組み合わせです。

2015130c3

センチュリーブームは組み合わせると、ブームをいろんな所にいろんな角度で出せます。センチュリーブームはステンレスで丈夫です。ミニブームと形状が似ていますが、このセンチュリーブームのほうが鋼性が高い。

2015130c4

センチュリースタンドにセンチュリーブームのダボを入れ固定して、ストロボヘッドを出しました。

センチュリーブームの組み合わせは、複雑な形になるので普通のブームでは不可能なことができます。

いづれセンチュリースタンドの使い方も取り上げますが、ここではアームの使い方にしぼります。センチュリーアームは他のスタンドにも付けられます。当社ではセンチュリーアームの数は20本以上ありますが、センチュリースタンド(不整地スタンド)の在庫数は少ないです。

センチュリーブームやセンチュリースタンドはプロの機材ですから、使用を間違えると危ない。使い方を熟知している者のみが使えます。

2015130c5

センチュリーアームの使い方で、いちばん気をつけるのは、アームのノブの締め付け方向に負荷がかかるように器具をかますと言うことです。
これを間違えると、、、ノブが緩む方向に負荷がかかると、取り付けた器具がちょとした衝撃1つではずれて思わぬ事故になります。「思わぬ事故」と言うのは無知な言い方で、本当は「おこるべき事故」です。
センチュリーアームの使い方で、いちばん気をつけるのは、アームのノブの締め付け方向に負荷がかかるように器具をかますと言うこと!

2015130c6 

センチュリーブームの先端に器具をつけるときは、器具の重さなど負荷がかかったときにノブが締まる方向で使います。

2015130c15

センチュリーアームの向きを反対に使うと、負荷がかかると緩むようになります。

センチュリーブームを使うときは、器具がノブが絞まる方向にあるように使います。2つ前の図を頭に入れてください。

2015130c7

悪い見本です。

アームの先端とダボを見てください。

2015130c10

ごらんのとおりノブは穴があいたブロックを、右に締めてとめるようになっています。

2015130c11

ダボの大きな穴にセンチュリーブームをさしています。

2015130c13

先端にはいくつかの穴がきっています。

右締めで右に負荷がかかるように使います。

私たちはこの方向で右手で器具を締め付けるように覚えます。これは頭で理解して、体で覚えるしかないですね。

アヤフヤな方はおやめになった方が良いです。撮影現場が危険になります!

2015130c5_2

一般家庭ツールじゃないので、安全に使うには使い方を知る必要があります。アーム&ストロボ・ヘッドの付け方は締まるように付けます。センチュリーの取り付け部には穴の大きさが大小いくつかあります。これは実物を見ないとわかりませんね、、、。

センチュリーアーム④ アベンジャーと応用
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-baa2.html

センチュリーアーム③ フラッグ
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-dca8.html

センチュリーアーム② 各種使い方
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-12fa.html

東京新宿 STUDIO ON

« 自然光の真俯瞰撮影 | トップページ | センチュリーアーム② 各種使い方 »

ライトワーク」カテゴリの記事