マイリスト

« 各スタジオのWiFi | トップページ | レフ板とカポックの使い方 »

2014年8月 3日 (日)

3stの窓際で布やペーパーを張る

3stは窓の近くに布をセットすることがあります。

南窓の大きさは幅5m、高さは4mあります。高い位置に窓があるので、太陽光を効率よく取り込めます。ただし、夏と冬では日の入り具合が違います。夏至の頃が一番太陽が高くて日の入りが短い。冬至の頃は太陽が低いので奥のほうまで日が入ります。

窓に直角に張ったり、窓に向かって正対するように張ったりいろいろです。

12031931

この日は窓からの光がサイドになるように、生成りの布を張りました。曇りなので柔らかい光です。紗幕を張ったのと同じです。

布幅は280cm長さ670cmです。

************************

張れた日に、ピンクの布バックを垂らしました。斜めに張ってみました。左手はレフ板です。

201535s1

3月5日、am9:30分です。

ピンクの布バックは7mほどあります。ハイスタを目いっぱい伸ばして4m近い高さです。

紗幕カーテンを開けると太陽の直射は入りますが、直射の入り具合などは季節により変化します。

201535s2

紗幕のカーテンを閉めると、全体が柔らかになります。

************************

次はペーパーの質感です。

201535s4

通常の2.7m幅セットペーパーを垂らしました。

レフ板の高さが2.4mなので、垂らしたペーパーの高さは3mより低いくらいです。

201535s3

南窓のカーテンは紗幕生地なので、1秒で紗幕と直射を切り替えられます。

左の北窓は出窓になっていますが、撮影用というよりか空気入れ替え用とテーブル代わりになります。北側の抜けは住宅が隣接してよろしくない。

201535s5

南窓に平行にペーパーを垂らしました。

紗幕ごしなのでフラットな光です。

201535s6

太陽光が入るスタジオとして最初から設計されています。南窓は床からはじまるのではなく50cm上にあげています。その分高い位置に窓を切っています。

天井のバトンなどは通常の白ホリスタジオと同等の設備です。天井も壁も白です。

3stは幅が8mあり、高さは5m、引きは11m。 
スタジオの扉を開けEV前(専用フロアー)まで引いたら13,5mの引きがあります。

2009年12月18日 自然光の入りかた
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-cfd4.html

2009年12月08日 自然光で俯瞰撮影
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-5409.html

2010年02月17日 3stを完全遮光 6m×10mの黒布を吊る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-37bc.html

2012年02月25日 ペーパーをスタンドやポールキャットで吊る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-f866.html

2014年08月03日 垂直の壁を作る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-1f26.html

2013年03月09日 白ホリをメンテナンス 3方向からの写真
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-494f.html

 

東京新宿STUDIO・ON  新宿区北新宿1-30-28 ℡03-3363-0077

« 各スタジオのWiFi | トップページ | レフ板とカポックの使い方 »

ライトワーク」カテゴリの記事