マイリスト

« 外光で黒絞めとオコシ | トップページ | 2014年 謹賀新年 »

2014年8月 4日 (月)

LED、ストロボ、タングステンの演色性

1kwのLEDが手に入ったので、ストロボとタングステンと色比べです。

タングステンは1kwスクープ

ストロボは傘バウンス

LEDは1kw投光器=実際は100Wです。

20131119e1

1kwのLEDは大きくて重たい。

このLED器具は投光器なので光の配分と、色をテストしてみます。

LEDなので100Wで1kwの明るさがあるという。HMIは同出力のタングステンの4倍くらいの明るさがありますが、LEDの効率はさらに上をいきます。蛍光灯はポピュラーだし値段も安いので使いやすいが、1灯の出力が低くて灯体がどうしても大きくなる。

タングステンのスカイパンとスクープに1Kwハロゲンをいれて比べてみましょう。

20131119e5

LED灯体の大きさは他と比べれば小さい。

このLED自体の問題ですが、良いダボがないので不安定です。

では光の配分と色を見ましょう。

LEDは非常にフラッドな照明です。点光源なので硬いけど広がりがある。

20131119e4

色はデーライトに合わせています。LEDへの補正はありません。青みがあり色温度を測ると8260Kありました。

フラッドで、なおかつ硬い光が特徴。硬いというのは物体の影のエッジがシャープということです。それで照射範囲の境目がはっきりしています。

次は真ん中のスクープライト、1kwの球が入っています。

20131119e3

色はデーライトに合わせているのでアンバーになっています。スクープは真ん中が明るくスポット的です。

一番口径の大きいスカイパンはどうでしょう。

20131119e2

スクープに比べて光の輪が大きい。フラットで照射範囲が大きい。

照明器具の配光分布です。トレーシングペーパーをかければボワーンとフラットになります。明るさも同じ絞りで撮影しています。

******************************

では色はどうでしょうか。LEDが真っ青なのは知りましたが、補正は可能かどうか。

チャートの幅は30cmです。

Dsc_0010a

青がかぶって使えないくらいです。水銀灯や蛍光灯とも違う発色です。どちらが良いと言えません。単純に色温を落とすフィルターを入れても良くならなかった。

PCに取り込んでから、ブリッジを使って簡単に色を補正します。

Dsc_0010pca

まだ赤みが残っています。もちろんメニューを使って、正確に合わせることも可能です。

撮影の前にカメラに光源の色を合わせてからテスト撮影しましょう。WB(ホワイトバランス)を合わせるとカメラの使用説明書に書いてあるかと思います。カメラによって光源のプリセットとか呼んでいます。グレーや白を写し込んで色の傾きをカメラに覚えさせるのです。

Dsc_0011a


撮影時に色補正したものが、いちばんナチュラルです。できる限り補正してから撮影されることをお勧めします。

******************************

ではタングステンはどれくらい色がかぶるかテストです。

カメラのセットがデーライトで撮影すると、タングステンの照明下ではアンバーに傾きます。

Dsc_0003a

電灯のしたで撮影したらこんな色になります。今のデジカメは補正が効きますから、これほどじゃないですが、フィルムで撮影となると正にこんな感じです。フィルムはデリケートでした。

カメラをタングステンにセットして撮影します。

Dsc_0002a

まともになってきました。実際の光源の色温度は3120Kだった。

PCに取り込んでブリッジで色温度を合わせます。

Dsc_0002pca

色がニュートラルに近づきましたが、若干赤みを感じます。コントラストがきつい感じです。

Dsc_0002pc1a_2

最後にカメラでタングステンのプリセットをとってから撮影です。これが一番自然な発色です。実際の光源にぴったり合わせるから、これが一番ナチュラルなのは当たり前です。

******************************

デーライトと言われているストロボは実際どうなんでしょう?

カメラの設定をストロボにして、5160Kのストロボ光で撮影。

Dsc_0008a

色温度があっていない感じです。クリアーさに欠ける。ストロボでもぴったり合わないということです。

PCに取り込んでブリッジで簡単色補正します。

Dsc_0008pca

ブリッジでワンクリックなので正確じゃないようです。若干赤みとコントラストが強くなった感じです。

では、ストロボでもプリセットで光源の情報をカメラに取り込んでから撮影します。

Dsc_0008pc1a

ストロボ撮影でもプリセットで情報を取り込むのが一番発色がよい。

プリセットをするときは、カメラの前でその光源の中で、白ないしニュートラルグレーを映し込みます。白に蛍光色が入っているとダメ。グレーに傾きがあってもダメです。ニュートラルグレー持参はプロの必需品だと思います。

2016年8月23日 LED100wと新しいLED30wを比べる
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-72fb.html

2012年11月30日 ボックスライトの色温度を合わせる
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-7111.html

2011年11月10日 床のアクリル板は左右のライトで白くとぶかテスト
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-2d8f.html

« 外光で黒絞めとオコシ | トップページ | 2014年 謹賀新年 »

テスト」カテゴリの記事