マイリスト

« 物撮りライティング講座 | トップページ | グレーの壁を白く »

2014年8月 3日 (日)

根岸寛行写真展

「路地裏盆栽ポートレート」

「これで家族全員が食べていたので、捨てられなくてね」

と使い古したお釜を植木鉢替わりにしている訳を話してくれた。

このような使い古されたものを鉢替わりにしている植栽を

「こんなもんでいいの?」と言われながら、

各家庭からお借りして自然光スタジオ撮影です。

121030s1

お鍋にいけられたサボテン。

まさに古式豊かな植物のポートレイトです。年輪が感じられますね~~~。

このサボテン、、、若いのか年寄りなのか悩むところですが、一輪の花が鮮やかで彩がきれいなので、きっと妙齢のご婦人だな。

121030s2

鉄鍋にもやしのように、もじゃもじゃと生えているのは、若い高校生か中学生。

色彩のトーンが豊富で、植物ポートレートですが人間味を感じさせます。

一見の価値あり!

エプソンイメージギャラリーエプサイト

163-0401東京都新宿区西新宿2-1-1新宿三井ビル1F

03-3345-9881

10月19日から11月01日までなので、大至急見に行ってください!

121030s4

右が根岸さん

作者の根岸さんのお話を聞いていたら、スタジオオンのOBがお世話になった方だと判明。

会場の床にあった石には思い入れがあるらしく、、、「石を見て」と言っていたが、私にはただの石、つまづきそうになった、、、うーんお洒落ではあるぞ、、、!

素晴らしい広告写真を撮っていらっしゃる方です!

121030s3

古びた鍋釜やかん、ポット、机の引き出し、急須、便器のようなものもあったような、、、使い古しの日常生活用品がタクワンのような、茄子漬け物のようないい味をだしています。

完成度が高いのは、広告写真家のあかしですね。

ぜひご覧あれ!

« 物撮りライティング講座 | トップページ | グレーの壁を白く »

ニュース」カテゴリの記事