マイリスト

« コマーシャルフォット誌に出稿 | トップページ | 今年は雪が多かった »

2014年8月 5日 (火)

2stの壁を白くしました

ONの2stの壁が白くなったので、光のまわりがグーンとアップ。

2stは幅6m、引き8m、高さ6mと白ホリスタジオとしてはコンパクト・サイズ。 しかしバトンなどの設備は大きなスタジオと同じかそれ以上に贅沢。ただしバックヤードがないので、大量の商品撮りにはキツいかもしれません。

最近、紗幕枠の外側に黒布などが垂らせるバトン(手動)を追加しました。

Dsc_0008

バトンは内側から

ライトバトン   レール付きなので前後左右に吊ったライトを動かせます。
紗幕バトン   4mの枠です。紗幕の他、ハンガーでライトも吊れます。
ペーパーバトン   2.7m幅まで対応。(以上3つのバトンは電動昇降です)
布用バトン   固定バトンで左右一番外側に設置。

Dsc_0017

コンパクトな小スタジオですが、上からライトを入れられて、スペースが有効に使えます。

トップはブームという固定観念を捨ててほしいです。ライティングは柔軟にシンプルに安全にセット組です。

Dsc_0117

ストロボ傘バンを4灯上につっていますが、スカイでもスポットでも何でもつれます。4灯だと光が良く回ります。

2014342stb

タングステンでライティングしました。

スカイは2kwが2台。

左右上から2kwプリモスポットを36カポック・バウンスでおこしに使いました。

コンパクトなスタジオを広く使うために、白カポックを上からGクランプとガッファークランプで出しました。

このセットではフロアーがフリーになります。カメラ機材やビデオ機材がならべやすくなります。写真はライトですがストロボでも同じようにできます。カポックは大きいのでストロボ・ボックスだと最大サイズでしょう。しかもカポックは無料です。

スタジオオンの2stを使うときは、ぜひスタッフに相談してください。使いやすいライティングを考えます。

スタジオオンの2stは天井高があるのが特徴で、4種類のバトンが設置してあります。コンパクトなスタジオですが手抜きなし、超贅沢な設備を誇ります。

2014342stn

トップに斜幕を張りました。左右黒布幅は約5mです。

タングステンは4kwスカイや5kw、2kw、1kwのプリモスポット、スカイパンなどが備品であります。

2stの下手はダブルアールになっています。上手は直角な壁です。

Dsc_0048

上手の白壁に立ってもらいました。

高さは梁まで3m以上。左右も3m以上あります。

レンズは20mmフルサイズ。

ONの2st

http://onphoto.co.jp/studio22.html

スタジオオン
東京都新宿区北新宿1-30-28
03-3363-0077

http://onphoto.co.jp/index.html

« コマーシャルフォット誌に出稿 | トップページ | 今年は雪が多かった »

館内設備」カテゴリの記事