マイリスト

« この年もマラソン大会のボランティア | トップページ | ION、重量級DOCKスピーカー »

2014年8月 3日 (日)

ペーパーをセットする方法

ロケなどでセットペーパやトレーシングペーパーをたらす方法です。
スタジオ内ではバトンに吊るすことが多いが、スタジオ内にもう1つ、2カメで撮影するときにセットします。

3種類の方法を紹介します。

丈夫なスタンドのトップに、ダボ付スーパークランプをさしてポールを保持します。
これが一番普通の保持のしかたです。

20

ONでは鉄製のトレディー・スタンドを使い、ダボ付スーパークランプを上にさします。オートポールの延長を2本連結しペパーにさして使います。

21

高さが必要なときは、RDSのハイスタかマンフロットのアルミ・ハイスタ使用です。約4mの高さが可能です。ウエイトをかませることを忘れないように。下に重りがないと簡単に風ではらんで倒れます。ウエイトは重ければ重いほどよい。

クランプでポールとペーパーをくわえ回転を止めます。

次はセンチュリーブームを左右に出して、ポールにさします。

22

ダボ付きセンチュリーブームを水平にして向かい合わせます。その間にペーパーやトレペをさします。同じくペーパーが回らないようにエレンで止めます。

24

スーパークランプを持っていない時の方法です。ロケなどで使うやり方です。クランプは持っていかないけど、センチュリーブームは持っていくときです。

23

横棒がセンチュリーブームなので、トレーシングペーパーなどの細い芯付にも使えます。トレペ垂らしに良く使う方法です。

次はオートポールにスーパークランプをかませて、Uフックを付けて使う。

25

天井があまり高いと使えません。スタジオでは延長ポールを継ぎ足しています。

スタンドの足がないので場所を取らないのがメリットです。

26

Uフックは簡単で便利な機器。

次はポールにダブルクランプでパイプを保持します。

28

スタンドは丈夫で重たいほうがよい。軽いと重心が不安定になり倒れやすい。
スタンドにウエイトをかけておくと、ぐっと安定します。

オートポールを立てるときに、突っ張る天井の強度に気を付けてください。

オートポールは突っ張り強度が非常に強いので、簡単に天井を壊します。オートポールを使うときは両サイドがコンクリートのような強度が必要です。

オートポールが倒れないように、吊ったペーパーが出過ぎないようにとめ方などに注意してください。

2012年05月25日 3STの窓際にセットして、自然光で布やペーパーでの撮影
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/3st.html

㈱スタジオオン 169-0074東京都新宿区北新宿1-30-28
03-3363-0077
studioon@fine.ocn.ne.jp

« この年もマラソン大会のボランティア | トップページ | ION、重量級DOCKスピーカー »

ライトワーク」カテゴリの記事