マイリスト

« ON駅伝部が出走 | トップページ | 台南担仔麺、歌舞伎町店のランチ »

2014年12月 5日 (金)

小平でダッシュ村やっています

ONスタッフは通常業務のスキルアップだけじゃなく、日夜ジョギングなどで足腰を鍛えています。さらに、生きる力を養うため、東京近郊小平で某テレビ番組のダッシュ村を実践しています。

じゃーん

A8af4b8e9f34f9f053fca5206df869a5

村民1号と村長です。

彼女が持っている大根は通常の1.5倍の重さがありました。無農薬なので葉も食べられます。ただ虫さんが付くので洗いが必要です。

白菜も通常よりも相当大きく重い。白菜というか化け物のようだった。

57aa1752b2cd47850f45b599284133a9

村民2号はでっかい赤大根を引っこ抜き、里芋を山ほど収穫してきました。

里芋堀りは重労働です。

里芋を傷つけないように回りから穴を掘ります。それで落とし穴ほどの大きな穴になります。農家の人は、人力のシャベルじゃまどろっこしいので、農作業用ユンボで掘ったりします。ユンボのシャベルは、泥が落ちるように、ざる状になっていました。

私らは肉体鍛錬なので大小のシャベルを使いました。

B32a1de3631725d8936947b588c018ed

村民3号はジャガイモを収穫しました。

春に比べて冬のジャガイモは小粒でした。里芋ほど大きな穴は掘りません。

村長が持っているのは青梗菜、小松菜、赤カブなどです。

仕事が一段落してからダッシュ村したので、作業が夕方になりました。(ダッシュ村の語源が何となくわかりました。私たちも都内で仕事が終わってから、小平へダッシュで行きました。仕事の後にダッシュして行くからでしょう。)

Ca3k0649

村民4号は大きなカリフラワーと赤カブを収穫してきました。
カリフラワーやブロッコリーは大きくなったものが他にありますが、一度に収穫はしません。

ブロッコリーは1月頃に収穫予定です。

人の体は食べたものからできています。よい食材を自分たちで育てています。ところで日本の農業がTPPでどうなるんでしょうね。自国で食料を賄えないのは異常です。どこかの国に遠慮して自国の立場をどこかに差し上げるのは問題です。農業のような一次産業が良い仕事にならなきゃいけないのです。

スタジオオン 03-3363-0077
東京都新宿区北新宿1-30-28
http://onphoto.co.jp/index.html

« ON駅伝部が出走 | トップページ | 台南担仔麺、歌舞伎町店のランチ »

スタッフ」カテゴリの記事