マイリスト

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月26日 (火)

LEDライト、Nice LED-1500B

中国製のモノブロック・ストロボ形のLEDライトです。

リフレクターが変えられて、ストロボヘッドと同じような器具が用意されています。
アダプターがあるので各アクセサリーメーカーの器具につけられるようです。
201558l1
右Nice LED-1500B、左1kwプリモ
LEDライトは光量調節できます。私の記憶では150wのLEDがタングステンの1kwに等しかった。
201558l2
このLEDライトは大きめのモノブロック・ストロボ(500w)ぐらいの体積です。
壁から2mにライトを置いています。データーはiso200、1/125で計りました。
201558l6
タングステンの1kwプリモ
f4ジャスト 色温度3100ケルビン。
1kwプリモは光をばらした状態です。
次にNice LED-1500Bをつけます。
201558l3_2
フル光量です。
f2.8コンマ4 色温度6250ケルビン
光量は後ろのノブで調節できます。
フロントにプラスチックのディフューザーを付けられますが、この写真のときは外しています。つまりLEDのダイレクトです。
LEDはレンズが入っていないのでボワーンと広いので、全光量は1kwプリモと同じぐらいと推測できます。
色の違いも見てください。
201558l4
光量を1/2に絞りました。
f2.0コンマ6 色温度6000ケルビン
201558l5
光量を1/10に絞りました。
f1.0コンマ6 色温度5690ケルビン
Nice LED-1500Bは光量調節がかなり利きますが色温度も変化します。
光量調節は1/10まで可能です。
フロントにプラスチック・パネルを付けると拡散がきれいになります。
201558l14
全面に付けた状態では
f2、8コンマ1
若干ダイレクトより落ちますがムラはなくなります。
201558l16
後ろで電源の入り切り、パワーの調節、そのデジタル表示があります。10がフル光量で、0.1が1/10に相当しました。
201558l7
モノブロック・ストロボと同じ形状と使い方ができます。定常光かストロボ光かの違いです。
とくに、このモデルは光量が強くてモノブロック・ストロボと同じぐらい使い勝手が良い。
LEDにしては十分なパワーがあります。
ISO200で1/60だったらダイレクトでf4コンマ4で撮れます。現在のデジタル一眼レフはISO1600ぐらいまで常用感度なので、LEDでそろえるのも良いのではないか。
これからは、3200wストロボのような大光量が不必要になって、ストロボだったら500wまでで、タングステンやHMIが、蛍光灯どころかLEDに置き換わっていく可能性が大きい。
色がグリーンに傾くので、その管理が必要なだけです。
201558l8
小さなLEDが70個ぐらいついている。
201558l9
中国製です。
国内でも扱っている所はあります。ネットで海外から直接仕入れる方もいらっしゃるようです。
日本の技術で丈夫で手頃な製品ができないのかしら???
日本のメーカーはニーズに追いついていない気がします。開発スピードが遅くて完璧を求めるから第三国製品に遅れをとります。それと数がでそうもないから最初から開発をしないのか?
201558l11_2
スタンド取り付けは、元がメスダボですが、ダボを付けて国産規格に対応しています。
201558l10_2
本体の長さは30cmぐらいで、リフレクター付きで40cm。
201558l12
かさもストロボ用がそのままつきます。
ボックスライトも用意されている。
全くモノブロックと同じです。
201558l13_2
「耐思」とは何ぞや???
面白くて使える製品です。カメラマンのよこやまさんからお借りしました。
 
オパライトの照射範囲と光分布
 
ストロボヘッドにつける機器(かさ、オパ、直トレなど)の照射範囲と光分布
 
スタジオオン
東京都新宿区北新宿1−30−28
03−3363−0077

2015年5月22日 (金)

北柏木公園

ONからは徒歩で10分はかからない。車だったら3分でしょう。

2015115m4

公園のウッドデッキに置いてモトラを撮りました。

抜けは中庭の方が良い。

フルサイズでレンズは18mmです。

レフ版があると良かったと思いました。

2015115m1

フルサイズでレンズは135mmです。

F2開放で撮りました。

開放だとピントが外れることがあり、F4ぐらいが安全ですね。

2015115m2

後輪やナンバーのあたりはボケている。

135mの開放はピントが浅い。

この公園は中庭が広くて、堀が周囲にめぐらしていて開けたイメージがあります。

2015522g2

広場に面して左がバッティング&キャッチボール・コートで金網に囲まれています。

正面はトイレ。都内の公園には必ずトイレは常設です。右側にウッドデッキと堀があります。

2015522g5

このまま、まっすぐ行くとウッドデッキに出る。

モトラの撮影はウッドデッキのコーナーの所で撮影しました。

基本的には車・バイクなどは進入禁止です。

広々として変化に富んでいます。

2015522g6

各コーナーによって趣が違います。

2015522g4

木々もあります。

2015522g3

遊具はあるけど、高齢者向けかな~~~。

2015522g7

正面は金網で囲まれたコーナー。

2015522g8

キャッチボールもバッティングもできます。

2015522g9

住宅地なので駐車に余裕はあるが駐車禁止は当然のこと。北柏木公園はウッドデッキと広々とした広場、金網コーナーが特徴です。

北柏木公園 ONから徒歩10分ぐらい
新宿区北新宿4-12

北新宿公園
ONから徒歩5分でグランドがある 高低差のある広い公園です 車だとONからわずか1分ぐらいです
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-ca22.html

2015年5月18日 (月)

浅草の三社祭に参上

ON神輿部は、なんと浅草のお神輿を担いできました。

ONスタッフは仕事以外にあちこちに出没しますが、浅草の三社祭にも押しかけました。下町情緒が残る浅草は新宿、渋谷、青山とは大違いですねー。
じゃーん
2015518a2_2
どうにもお上りさんみたいだ。
浅草寺(センソウジ)が有名ですが、三社祭は浅草宮が主催です。お寺の境内とお宮の境内がだぶったような敷地です。神仏混合てやつですかねーーー。
2015518s3
ONのある新宿は文字どおり新しい宿で、江戸時代からある歴史のある街じゃない。せいぜい戦後ににぎわってきた街。それに住人の移り変わりが激しく、江戸っ子と呼ぶような3代続く家など皆無に近い。
浅草の街も人も年季が入っているなー。めんめんと歴史を引き継いできていて祭り人になるんだ。
2015518a5
いいですねーお祭りはー。
みなさん、どっしりされている。
粋ですねー。
2015518a6
ハッツアン&とめさんの世界だなー。
法被や地下足袋がかっこいい。
2015518a7
ONスタッフは大きな神輿を担いでいます。
2015518a8
本格的なお祭りですよ〜〜〜。
2015518a10
三社祭の出店は日本一じゃないかしら。
仲店は大混雑で通行できなかった。土曜日、日曜日と浅草の街は大爆発だった。
201518a9
神輿を担いでいる時間より、出店散策の時間が長かったのでは。
軟弱な神輿か継ぎ手だったかもしれない。
2015518a4_2
雷門の前では町内神輿が神社の奉納帰りでもまれていました。
2015518a1
いい経験を三社さんにさせていただきました。
ありがとうございました!

2015年5月16日 (土)

水を使う

ONでは限定的な水使用ができます。

1stでのご利用に限ります。
4m×5mのビニールで養生します。周りに水が漏れないようにするのと、排水のための養生です。
この養生の中でのみ水使用をお受けいたします。水を溜めたいかたはご自分で水槽などをお持ちください。
当社の養生は水を溜めるためではなく、白ホリを水から守るためのものです。
水使用には養生代として20,000円いただいています。
 
2015516m1
 
このテスト撮影は、お立ち台を防水してその上に人が立ち、3m上からシャワーをかけています。
高い天井高がないとできません。
給排水はホースです。温水も出ます。
手前にたまった水は養生の中からポンプで排水します。
 
2015516m2
 
給排水のホース。
周りを囲うための器具。
ポンプとスッポンジやタオルとバケツが必要です。
一番の注意点は、電源に水がかからないこと。
水が噴き出したり、ためていた水が決壊したりして、水浸しになったら感電の恐れがあります。ライトに水が触れるとガラス管が爆発します。
その為の養生です。
安全が第一です。
 
2015516m3
 
縦を長くしていますが、実際は横長にする方がおおい。
 
2015516m5
 
これで排水します。
シャワーヘッドは水の吹き出しを調節できます。
 
2015516m6
 
水の圧力は意外に大きい。簡単な枠では8cmでも決壊しました。
 
2015516m7
 
逆気味からライトをいれます。
 
2015516m8
 
これはお立ち台を作ってバックを抜くセットです。
 

上のシャワー写真をiphoneで撮影した動画があります。
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-8c70.html

 
水を使った撮影は1stで5m×4.5mの養生の中のみで承ります。できることは限られていますので、お問い合わせください。

スタジオオン
東京都新宿区北新宿1−30−28
03−3363−0077
http://onphoto.co.jp/index.html

2015年5月13日 (水)

OBおよびスタッフの作品撮り

作品撮りの写真です。

OBや現役スタッフなどが作品撮りをしています。
残念ながら、お客様の作品撮りは特別な料金をもうけていません。通常のお仕事と同じご請求になります。
2015513o1
モデル:大塚航二朗
2015513o2
写真:Utunomiya
2015513o3
これらの写真は、モデルになられる方達から、作品撮り(ポートフォリオ用)を依頼されました。
ONのOB並びに現役スタッフ達が、勉強のため喜んで撮らさせていただいています。どうぞ、お声をかけてください。
スタジオオン
東京都新宿区北新宿1−30−28
03−3363−0077

2015年5月 7日 (木)

スカイライトのスヌート

天井に設置されているバトンに取り付けるスカイは、基本的には光をまわすライトですが、今回はスポット的に使ってみました。

アナログな作業ですが、黒ケント紙を4枚つなげて巨大なスヌートにしました。
じゃーん
201558s1
4kwスカイなので、スポットライトとして大きくて強力です。
ONのスカイは4kwか2kwでつかえます。
タングステンのスカイ器具にストロボヘッドを組み込むこともできます。「スカイ組み込み」とONでは呼んでいます。1灯から2灯組み込むのが普通です。強力なトップライトになります。ストロボの場合ボックスライトやカサをトップにしますが、このタングステンのスカイの器具を使ってもトップが作れます。スカイはトレペを張ればフラットに光をまわせて、このようにスヌートにすればスポットにもなります。いろいろ加減ができるライト器具です。
タングステンであれば、電源をスライダックを通して使えば電圧調光ができます。
201558s2
写真撮影のためライト位置を下げています。
普段は高さ4mあたりからライティングしています。
2stは小さくても天井が6mあり、高い位置からライティングできます。
左右が白くなったので、いっそう光の回りが良くなりました。
 
スカイにストロボを組み込む
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-21b0.html
スカイにトレぺをかける
 
スタジオオン
東京都新宿区北新宿1−30−28
03−3363−0077

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »