マイリスト

« スピーカーをグレードアップ | トップページ | OBおよびスタッフの作品撮り »

2015年5月 7日 (木)

スカイライトのスヌート

天井に設置されているバトンに取り付けるスカイは、基本的には光をまわすライトですが、今回はスポット的に使ってみました。

アナログな作業ですが、黒ケント紙を4枚つなげて巨大なスヌートにしました。
じゃーん
201558s1
4kwスカイなので、スポットライトとして大きくて強力です。
ONのスカイは4kwか2kwでつかえます。
タングステンのスカイ器具にストロボヘッドを組み込むこともできます。「スカイ組み込み」とONでは呼んでいます。1灯から2灯組み込むのが普通です。強力なトップライトになります。ストロボの場合ボックスライトやカサをトップにしますが、このタングステンのスカイの器具を使ってもトップが作れます。スカイはトレペを張ればフラットに光をまわせて、このようにスヌートにすればスポットにもなります。いろいろ加減ができるライト器具です。
タングステンであれば、電源をスライダックを通して使えば電圧調光ができます。
201558s2
写真撮影のためライト位置を下げています。
普段は高さ4mあたりからライティングしています。
2stは小さくても天井が6mあり、高い位置からライティングできます。
左右が白くなったので、いっそう光の回りが良くなりました。
 
スカイにストロボを組み込む
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-21b0.html
スカイにトレぺをかける
 
スタジオオン
東京都新宿区北新宿1−30−28
03−3363−0077

« スピーカーをグレードアップ | トップページ | OBおよびスタッフの作品撮り »

ライトワーク」カテゴリの記事