マイリスト

« 中筋純写真展、「流転チェルノブイリ&福島} | トップページ | 神田川でお花見でした »

2016年3月23日 (水)

エリンクローム1000

エリンクローム1000

数字の1000のとおり1000wまでの強力なモノブロック・ストロボです。
当社スタッフが使っています。
1_1
1000wだけの大きさがあります。
これは標準リフレクターですが、リフレクターの種類が多い。
1
取っ手があって持ちやすそうです。
1_2
1/32まで落とせます。
汎用品で簡単ボックスライトのLastliteです。
1_3
オクタライトの新型です。
丸レフのようにグルットねじってコンパクトに収納します。
1_4
持ち運びに小さくなって、使うときにはビヨーンと大きくなります。
1_21
丸レフと同じようにねじって畳んであります。
これは丸じゃなく変形楕円形です。
1_5
組み立て中です。
ものの30秒で組み立てられました。
1_6
使用時にはこんな形になります。
丸レフが4枚集合して立体になった感じかな。
1_7_2
インナーは銀になっていて反射率が高そうです。
1_8
表面に紗のようなデフューズをつけました。
ダイレクトで使えばオパライトのような効果があり、デフューズを付ければボックスライトになります。
1_10
エリンクローム1000の生光です。
意外に光のムラがなくきれいに回っています。
1_11
オクタライトに入れると、だいぶ光の照度が落ちます。
エリンクロームでは連続発行ができます。
そのほかにも先幕同調や後幕同調など機能が満載です。
最初に連続発光。
1_9
1秒間に何回発光かを調節できます。
次は先幕発光
1_12
最初に発光してもシャーターは開いています。
次は後幕発光です。
1_13
いろんなシーンで使えます。
ストロボに同封されている、リモート発光調節器です。
1_20
リモートでパワーを調節できます。
1_19
プロフォトやブロン、国産ストロボでも同様のアクセサリーがありますが、このエリンクロームにはデフォでリモート発光調節器が付いてきます。
このようなパーツが安くできるようになったのでしょう。
 

« 中筋純写真展、「流転チェルノブイリ&福島} | トップページ | 神田川でお花見でした »

テスト」カテゴリの記事