マイリスト

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月26日 (月)

とんどこ、韓国料理

韓国料理の「とんどこ」は、大久保通りに面していて駅から2分ぐらいです。
地下にありおそらく居ぬきで入られたのだと思う。
大久保の食堂らしく、レストランとしてはキレイだとかお洒落と言うわけではありません。
じゃーん
_0344_2
大久保通りのこのあたりのお店は移り変わりが早い。
地下に行く入口のガラス扉が、、、迫力ある、、、。
じゃーん
_0345
怪しさが満点でしょー、さすがに大久保だなー。
やっつけにしてはひどすぎじゃないか?。
うーん、この野蛮さいい加減さ、期待に胸がときめきますねーーー。
_0343_2
ビビンバの種類の多いこと!
どれもこれも美味しそうです。
それに、以前より安くなった。
石焼きビビンバは、1200円から1500円もしたが、日本食レストランとの差が大きくて、韓国系も安くせざるを得なかったんだろう。
でも880円はランチではちょっと高いかな、大久保では。
じゃーん
_0348
牛肉石焼きビビンバ880円。
すき焼きどんぶりの器を石焼きにしただけじゃないのかと思えるが、ジュウジュウ湯気が出て美味しそうですよー。
_0349
牡蠣石焼きビビンバ880円。
海の幸とお野菜がタプ~リです。
にらは日本の特産で韓国にないのではないか。
混ぜ混ぜすると、、、
_0346
器にこびりついたお焦げをスプーンでひっくり返します。
混ぜ混ぜ混ぜ、、、
うーむ、美味そうになって来た。
_0347
牡蠣石焼きビビンバは野菜がいっぱいなので、混ぜると彩がきれいになった。
美味かったですよー。
 
お通しのナムルやキムチのようなものをミパッチャンと言うそうだ。日本ではどうか知らないが、韓国本国ではミパッチャンは使いまわしが普通だそうです。だから、日本ではいいけど本国ではちょいと心配かな。
_0350
とんどこの突き出しは美味かった。
右上の白菜キムチは、、、なかなか絶品でした。
右下のキノコナムルも珍しい逸品です。
_0351
このお通しがあるので、韓国料理は人気なのかなー。
_0353
キノコのナムルは初めてですよ~~~。
_0352
おからの和え物のようなもの。
お野菜で和えています。
_0354
もやしは普通ですねー。
大久保のレストランなので上品でもないし、絶品と言うわけでもないが、石焼きビビンはお勧めです。
私たちはランチに行ったが、ここの一番の売りはサムギョップサルの水晶板焼きの食べ放題だそうです。
次回はそれにチャレンジするかな。
とんどこ

050-5868-9522 (予約専用番号)    

03-3361-7532 (お問い合わせ専用番)

東京都百人町1-19-13B1

2016年9月15日 (木)

スタッフが公募展で活躍

スタジオオンのスタッフは、写真展や写真公募展にチャレンジしています。
 
今回は当社スタッフの岡本がキャノン新世紀の佳作に入りました。
 
Dsc_4744c_2
 
キャノン新世紀は若手の登竜門として、広く認知されています。優秀賞7名、佳作は14名が今年度は選ばれました。
 
Ud16
 
空間の流出:生のリアリティーとは
 
「日本全国の都市や郊外の新興住宅地では、明るく清潔でコンパクトにまとまった街の風景が、モニターに写し出された映像のように、増殖して現実の世界に流出している。」
 
写真新世紀2016年度(第39回公募)のは1723名の応募があり、激戦をくぐり抜けての佳作受賞です。チャレンジし続けることが大事だと考えています。
 
この中から、日本の次代を背負う写真家が、きっと出てくることでしょう。
 
********************************
 
いっぽう、パシフィコ横浜で開催されるCPプラスでは、宇都宮がパブリック賞候補7名の中に、多数の応募作品から選ばれました。 
 
_dsc4161c_2
 
 パブリック賞1名は、その候補者7名の中からネット投票で選ばれます。ぜひネットで覧いただき、宇都宮の作品に「この作品に投票する」をしていただければ幸いです。
 
_dsc6072
 
我ら仲間たち:BreakDancer
 
「決まった時間に集まってダンスの技を磨いています。学生やサラリーマン、はたまた銀座で働くパティシエまで 、それぞれが多方面で活躍している仲間たちです。音を感じステップを刻むことと、より多く回転することを競っています。」
 
パブリック賞かエディター賞になるとヨーロッパで写真展を開催して頂けます。若い感性と力強さを、私どもは応援しています。
https://zooms.smktg.jp/public/application/add/46
2016年4月9日 JPS展で優秀賞を取った一連と同じテーマです。カット違いと枚数の違いで、よりわかりやすくなっています。

http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/o-ac6b.html
テーマはストリート・ダンスです。撮影者本人もストリート・ダンサーです。
スタジオオン
東京都新宿区北新宿1-30-28
03-3363-0077

2016年9月 6日 (火)

西新宿のタイ料理屋さん

サバイサバイ

大久保や西新宿には世界各国の料理屋さんが多い。

土地柄、庶民的な各国料理屋さんばかりです。

ONからは歩くと20分近くかかりますが、タイ料理屋さんが並んで営業している一角があります。

じゃーん

201693t9

右がサバイサバイ、左はタイ国屋台食堂のソイナナ。

どちらも人気店です。

この日は2軒とも満員でした。

サバイサバイの店内は、

Dscn6595b

雑然としていて入り口が狭い。後ろにいらしたお客さんは出られたようだ。空いていればくつろげるが、混雑したり外で行列ができていると落ち着かない。

201693t1

まずは、東南アジアのビールでも、、、ラオビール。

以前、タイのスパークリングワインを頼んだら、、、ちょっと変なものが出てきた。今日はそれで安全パイのラガービールにしました。

コップはキンキンに冷えたアルミです。

タイ料理屋さんではお冷もアルミで出されることが多い。これが銀製品だと高級料理屋さんになるのでしょう?

201693t2

まずは冷えたいっぱい!

201693t8

グリーンカレー

ところが、期待していた激辛じゃなく、、、まったく辛さを感じないカレーだった。お客さんの顔を見て辛さを決めているようなので、激辛を食べたい方はひとこと言った方が良い。

お味は良いのだが。

201693t7

タイ国サラダ。

本国ではサラダなんて食べるのかしら?

ココナッツドレッシングとピーナッツが効いています。

201693t6

これが、変わったメニューのエビ&春雨蒸し。

鍋ごと出てきて野蛮な食べ物です。

期待が高鳴りますね~~~。

じゃーん

201693t5

これが、、、想像を超えたおいしさ。

春雨が汁を吸ってぶよぶよになっているが、すき焼きのような食感です。

エビのお味が春雨によくしみ込んでいる。

それと東南アジア独特な香草、パクチーが良く合います。

この器の底が深くて食べがいがありました。

おすすめです。

201693t3

卓上調味料は辛いのではないか?

Dscn6596b

狭い店内で厨房に2人、飲み物を作る所が別のようでもう一人働いていた。

繁盛店を見ると、心がホッとしますね。

西新宿サバイサバイ

東京都西新宿7−19−18 セードル新宿ハイツ104A

03−3368−0855

さてさて、お隣のタイ国屋台食堂のソイナナさんは、、、。

ほぼ1年前にお食事でした。

ジャーン、

1eb4b3ff5c79cab615acabd88d53b8b4

どちらかが、昔は韓国家庭料理やさんだったと聞きましたが、、、確かめていません。だってほんとのことを知るのは、、、怖いでしょ。

まずビールのおつまみには空芯菜炒めがいい。

Fffd23f672b158affb6637f41b303c6c

シャキッとこの歯ごたえ。

きっと強火で手早く炒めたんだろう。

中華料理にも空芯菜炒めがあるが、タイ料理なんでちょい辛い。

ソイナナも味付けがちょっと濃いめだった。

B41cc039686aed6e3638433170525293

バッタイ

タイ料理は材料がチープなのかな。

日本料理も純然たる庶民が食べるのは安いものですから、これはタイの庶民料理なのかもしれない。

タイ・ビーフンに生のもやしとニラです。

F4ae098e187af88ea5895731412d5651

エビのすり身を揚げたもの。

ヌクマムにつけて食べるが、エビのかまぼこみたいだった。

1b92e02fea78b3b54e05256b720ce68c

タイご飯の王道、ガッパオ。

お米は細長いタイ米でちゃんと辛かった。

サバイサバイのグリーンカレーが辛くなかったのが異常なのだろう。日本人に合わせ過ぎなんだと思うよ。

ここのママさんはとてもいい加減な方で、お隣のお客さんの料理を2度までも私のテーブルに運んできた。

でもママさんは間違えても全く気にしないタフな方です。

9ac2d367303414270715ba3788ddf84d

よくわからんが、、、炎の料理人と壁に貼ってあった、、、。

ここのコックさんが、お隣のタイ料理屋さんで作っているのを見たという人がいる。想像だが、お隣に教えに行ったか、教わりに行ったのではないか、、、。そのことを、ある方がママさんに話したら激怒したという。教えると教わるじゃ正反対だから、ママさんとしては聞き捨てならないことだっただろう。どちらにしてもコックさんの交流がチラッとでもあったということだ。2軒とも繁盛しているようだから、めでたしめでたしですよーーー。

真実は知らない方が良い時もある、、、。

2c9990dbbe8d230e77cf30a4ffd3a32f

2軒あったら空いている方に入ればいいから、訪れた人には便利です。お味やお店の格は同等ですから。

8cbab54703140e29c8a3771889db4104

デザートはタピオカです。

ここのタピオカは天下一品です。タピオカがうりなのか、ランチ時にはこれが50円だという、、、本当かしら?

ソイナナ(タイ国屋台食堂)

東京都新宿区西新宿7−19−18新宿ハイツ104B

03−3363−0890

ONからは20分歩きますが新宿からは比較的近い。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »