マイリスト

« ON畑で里芋を収穫 | トップページ | 京王駅伝を走ってきました »

2016年11月 8日 (火)

センチュリースタンド④ アベンジャーが入荷、応用編

センチュリースタンドとセンチュリーアームはいろんな器具と組み合わせて、ポールや物をがっちり保持するときにも便利です。

当社のセンチュリースタンドにアベンジャー製が加わりました。

1_20

左がRDS製で右がアベンジャー製。

ONのスタジオ内においてあるセンチュリースタンドはRDS製で無料です。

アベンジャー製は800円/日、備品に8本加わりました。

1_17    

高さの違う2種類があります。

1_18

高さ120cmと94cmです。

1_19

アベンジャーのブームは100cm。

RDSのブームは115cm。

1_15

アベンジャーの足のストッパーは一番上だけについています。3本の足は噛み合わさる箇所があります。

1_16

RDSの足は上の2つにストッパーがあるので、足が自由に止められます。

1_13

アベンジャーの作りは新しいだけあってキレイでしっかりしています。

1_14

RDSのは古いので比べるのも気の毒なもの。

ただセンチュリースタンドとしてセンチュリーブームとしても、RDS製でも不都合はありません。センチュリーブームはステンレスパイプを肉厚に改造しています。

************************************

センチュリーブームの使い方の使い方の応用編です。

アルミパイプの両端をセンチュリーとクランプで保持しました。

1

ウエイトをかけておくと、かなりのしっかり度があります。

アルミパイプの時は保持する道具はスーパークランプです。

アルミパイプにRDSのGクランプを使うと、アルミパイプが負けてひしゃげたり穴が開きます。アルミパイプにはスーパークランプがデフォです。

以前はアルミパイプのオートポールの延長パイプに、Gクランプを使ってパイプをつぶす方がいました。ONではそれから、そんな使い方はお断りするようになりました。むろん、ご自分が持ち込んだポールだったら止めません。

ONは無理難題、危険なこと、法律に抵触される方には、スタジオ使用そのものをお断りしています。たとえ撮影当日でも使用をストップいたします。 

「おかえりはあちらです!」

カメラマンや制作の方、照明やさんとは、お仕事を通じて良い関係でありたいと願っています。

1_1

スーパークランプは面でパイプに当たるのでパイプに優しい。

1_2

銅ダボを介しています。

1_3

スーパークランプはアルミパイプや鉄パイプに使えますが、Gクランプは点で締め付けるのでアルミパイプだと歪んだり穴が開きます。

1_6

同じような形になりましたが、こちらはステンレスパイプなのでGクランプを使いました。

1_5

Gクランプは元々がハンガーとして使うものなので、パイプを締め付ける時は木端をかませます。

触れ合うところを点から線へ拡大します。

1_4

Gクランプだけでは締め付けても止まりが弱い。点で締め付けるので面積を広げるために木端を入れます。ハンガーとして使う時は木端は適当にしてください。

応用で下からピンスポットを入れてみました。

1_7

センチュリーブームは便利なグッツです。

1_8

スタンドを入れられないところなどに、センチュリーブームでだせます。

1_9

ピンスポットにはダボが付いています。

ライトの保持だけじゃなく、シャワーヘッドをつけてみました。

1_11

水を使った撮影ではデフォのセットです。

高い位置から、例えば4mの高さから雨を降らせる時にこのようなセットを使います。

1_10

クランプにはエンドジョーズを使っています。潰さないように布をかませています。

1_12

センチュリースタンドもブームもしっかりした作りです。

センチュリーブームに組み合わせるクランプは、相手の材質によって変えてください。

センチュリーアーム③ フラッグ
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-dca8.html

センチュリーアーム② 各種使い方
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-12fa.html

センチュリーアーム①
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-df52.html

東京新宿 STUDIO ON

« ON畑で里芋を収穫 | トップページ | 京王駅伝を走ってきました »

ライトワーク」カテゴリの記事