マイリスト



  • ONニュースⅡはスタジオオンのブログです。スタジオオンは新宿の撮影スタジオで、白ホリのスペースが3面あります

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月22日 (水)

ZYlight、ウシオライティング

ウシオライティングの営業さんがスタジオにいらっしゃいました。

LEDの薄型スポットライトを持ってきて見せてくれました。
1
スポットライトにしてはコンパクトで軽量です。面白いのが蛇腹がゴムで伸び縮みするところ。
1_3
直径は2kwプリモぐらいの直径がありますが、縮めたところは、厚み15cmぐらいになる。
HMIのバラストのような器具が付属でありますが、それとてHMIの1/5ぐらいです。
だから、LEDスポットとバラストと併せて、コンンパクトなアタッシュケースに入ります。
1_4
後ろに蛇腹を伸び縮みさせるノブがあります。
1_1
前枠にはバーンドアーがつけられます。
1_2_2
この薄さは素晴らしい。
1_5
LED200wはタングステン2kwと同等の明るさです。
色調は青緑だった。
注目の定状光のスポットライトです。
HMIにとってかわられる可能性を感じました!
むろんハロゲンやタングステンは、その前に無くなるでしょう。
 
メーカーのホームページは
テストしただけなのでONの備品ではありません。

2017年2月 2日 (木)

2019年8月より料金改定いたします

「スタジオオンの料金は、なんでこんなに安いの?」とお客様からよく聞かれます。「こんなに安くて経営はダイジョーブ?」とか、、、。
ONの料金は、東日本大震災の直後から、思いがあって設定いたしました。
日本の経済にとって震災の被害も大きかったが、原発事故の影響もそれに劣らず大きかった。スタジオオン・スタッフの中には、大震災による(多くは津波ですが)直接的な被害にこうむった者もいました。OBのひとりは宮城の三陸海岸に里帰りしていて、大津波が来て命からがら高台に逃げ助かったものがいました。しかし我が家と仕事場を流されました。自衛隊のヘリコプターで屋根の上から救助されたものもいます。
東京の私どもは被害はなかったが、、、日本が受けた被害の大きさに、心が真っ暗になりました~~~。
ようやく傷が癒えて日常生活が戻ってきました。
日本は災害が多い国土ですが、しっかりと乗り越えてきたと思います。
さてさて、オリンピックを来年に迎えて、まず自分らを鼓舞し元気になるのが私らの使命だと思っています。
日本の景気も上向きになってきて、懸念といえば米国大統領の発言か、お隣中国と韓国の動向ぐらいでしょうか、、、。
スタジオオンの価格設定は完全に元に戻すのではありません。Tokutokuサービスを含め全体に見直しいたしました。
最短3時間から6時間使用の、スタジオ1時間あたりの基本料金は
1stは  スチールが 11000円
         VTRが 13000円
2stは  スチールが  6500円
          VTRが  7500円
3stが  スチールが 13000円
          VTRが 15000円
3stのお値段を2000円上げさせていただきました。3stの大窓には紗幕が設置してありますので、自然光がそのままフルに生かせるので、これまで通りリーズナブルな撮影が可能です。完全遮光してトップのバトンを使って通常撮影への切り替えも簡単です。
2stはコンパクトながら高い天井とフル装備のバトン類が特徴です。
1stはオーソドックスなスタジオで、メークルームが広くなり、スチールにもVTRにも対応できます。
6時間以上の使用はTOUKUTOKU・サービスが適用されます。
1st  スチールが 10000円
       VTRが 11000円
2st  スチールが  6000円
       VTRが  7000円
3st  スチールが 11000円
       VTRが 13000円
1st+2st  が  15000円(スチールでもVTRでも同料金)
3stの白ホリゾントはメンテナンスを入れたので、とてもきれいな状態になりました。
各スタジオのメークルームも全てリニューアルして使いやすくなりました。空調は静かで効きが良くなったと好評です。
よろしくお願いいたします。
スタジオオン
東京都新宿区北新宿1-30-28
03-3363-0077
南三陸町の漁業店(OB)が活躍
 
中筋純さんの写真展「チェルノブイリ」をONで開催(2011年5月)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »