マイリスト

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月18日 (水)

斜め天紗と、ペーパーを直角にする

スタジオ内で斜めに天紗と、ペーパーを直角にはりました。

このセット(斜め天紗)だと足元が広く使えるのでONの2stでは有用です。

02051
手前のスタンドはしっかりした物を立てます。
ストロボはバトンからトップに吊ったのでスタンドいらずです。
バトンのレールに吊っているので前後左右の移動が可能です。
ストロボ・ヘッドとレールの間にパンタグラフを入れれば、単独で高さの調節が効きます。
広いスタジオでしたらブームでストロボをだしてもいいですが、ONの2stのように狭いスタジオでは、できるだけスタンドは使いたくない。
せっかく吊る設備があるので、どうぞフルに利用して下さい。
それと吊りはスタンドに人が引っかかって倒れることがありません。
きわめて安全なセットなのです。
充実した設備がスタジオオンの2stの特徴です。
02052
セットペーパーは直角に壁のようにという要望だったので、一度後ろに折り込んでいます。
02054
真っすぐに折り込むには角材があると便利です。
02053
トップの斜め天紗の高さはロープで調整します。
この直角ペーパーは寄り掛かることができません。
48板2枚を組み合わせた壁は寄り掛かることができます。
02055
紗幕はポールを介してロープで吊っているので高さを変えられます。
左右に傾けることも可能です。
自由度の高いセットです。
照明さんはグリップ器具とロープを活用します。
テープは強度が全くないのと、後が汚くなるので使いません。
これが、、、素人はテープを使いたがります。ONではできるだけテープを使わないようにしています。個人のかたのスタジオではテープがちょうど良いこともありますが、このようなスタジオでは、使わないにこしたことはない。
02056
影が出ません。
02057
斜め天紗はフラットなライティングです。
タッチが欲しくなるくらいです!

2018年4月 3日 (火)

屋上のご利用について

屋上の基本料金は今まで通り6000円ですが、作業環境を考慮して屋上機材料金を設定いたしました。

屋上だけの料金設定です。スタンド、サイコロ、ウエイト、作業台などを使う料金を設定させていただきました。ONの機材以外のお客さまの持込機材でも料金が発生致します。
布使用、HMIなどの定常光は追加料金が発生いたします。
 
スタンド(ハイスタンド、センチュリースタンド)  800円
サイコロ大(60cm×60cm)           1000円
サイコロ中(45cm×45cm)            500円
サイコロ小(30cm×30cm)            300円
作業台                        1000円
36板                          500円
48板(持込の平台など)             1000円
布(備品、持込にかかわらず)        +1000円
ウエイト(鉄ゲタ、砂ウエイト)           100円
タングステンHMIなど             +1000円
イントレなど(1段あたり)             1000円
水使用                       10000円
 
フラッグなどの大きさは100cm×100cmまででお願いします。フラッグを屋上で使われる場合、ロープ紐なのでスタンドに連結してください。屋上でのフレーム使用、レフ板使用は禁止致します。重大事故が起きてからでは遅いので禁止させていただきます。お立ち台は屋上のヘリから2m内側まででお願い致します。その上に立たれる方の安全のためです。
屋上は平地より風が不規則に吹き、高いのできわめて危険な作業とお考えください。無風と思っていても急に風が吹くことがあります。当社の判断にしたがっていただけない場合、即刻中止とさせて頂きます。その際の金銭などの補償は致しかねませんので、ご了承ください。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »