マイリスト

« 斜め天紗と、ペーパーを直角にする | トップページ

2018年5月 1日 (火)

ライトやストロボを吊る

スタジオには天井にバトンが設置されています。

ブームでトップからストロボなどをだすこともできますが、もっと安全な方法があります。
バトンに直接ダボを介して吊る方法が一般的ですが、パンタグラフを使って自由な高さを選べる方法があります。
_869
左がTKボックスの140✖️100、右は100cmの傘です。
下ふりにすると。
_868
自由なふりができて、自由な高さに固定できます。
レールなので前後左右の移動が可能です。
_870
左は2kwプリもスポットで右は4kwスカイライト。
重量の違いで2種類の強度のパンタグラフを使い分けます。
_871
5kw、2kwm、1kwのプリモスポットを下にむけました。
_872
色でもつけてみっか、、、というわけでミックスしたら光が白くなった。光の三原色の原理の確認です。
_895
スタジオオンにはいくつかパンタグラフがありますので、どうぞご気軽にお声を掛けてください。バトン自体が上下できますが、個々のライトの高さを変えたいときに、パンタグラフは便利なツールです。
使用は無料です。

« 斜め天紗と、ペーパーを直角にする | トップページ

ライトワーク」カテゴリの記事