マイリスト



  • ONニュースⅡはスタジオオンのブログです。スタジオオンは新宿の撮影スタジオで、白ホリのスペースが3面あります

« 讃岐屋、甘味処(寒天工房) | トップページ | リアル・クコロリス、影つけ用植物 »

2019年5月16日 (木)

枠の使い方、1.8m×1.8mなど

ONには枠を作るポールが何本かあります。

1.8m  2本

2.2m  2本

2.4m  2本

があるので、組み合わせて使います。

0102

内側が1.8m×1.8m枠

外側が2.5m×2.2m枠

1.8m×1.8m枠はロケ用の組み立て枠もあります。

0105

ライトボックスより軽量です。

0103

専用のファブリックも付属しています。

0104

1.8枠は2セットできます。

1m×1mの空フラッグも2個あり色々な使い方ができます。

普通の使い方です。

0107

高い位置からストロボ・ヘッド直を1.8m×1.8mでデフューズしました。

0109

ジャンボアンブレラのような影の出方です。

0108

次は変則使用例です。1.8m枠にデフューズを張ったものと、1.1m空フラッグに格子を入れたものを同時に使ってみます。

0110

ここでのメインは下の5kwプリモです。

人物のに当たっているのが5kwプリモなので、アンバーがかかっています。

上の2.5kwHMIは背景ならびに全体の抑えです。

0111

枠を上下して当たり具合を変えて面白いところで固定します。

0112

タングステンのアンバーをそのまま生かしています。

5kwプリモに格子で影をつけました。

観葉植物などで影をつけることが多い。

0113

格子の枠を少し上下させました。

0116

バックに当たるライトの位置も変えてみました。

メインとバックのライトを分けているから、それぞれの調節が可能です。

0118

バックライトの切りの位置を変えました。

0119

黒パーマセルで適当な幅で影(モレ)を作りました。

0120

簡単に移動ができるように5kwメインと同じスタンドに固定。

 

1.8m枠をトップに使うこともあります。

この場合はスカイのバトンから、前後の高さを変えて吊りました。

ななめ天紗です。

0121

セットを見せるために右側から自然光が入っています。

0122

スカイに貼ってある黒ケント紙はバックへのモレ切りです。

0140

18m枠なので光が柔らかく回っています。

ジャンボアンブレラよりも面積が大きいからです。

この撮影の時は上手の自然光は切っています。

0139

トップライトなので顎下にうっすらと影が出ます。

これは1.8m枠使用ですが、もっと大きな枠を組み立てて使う人が多い。

マッタリしたライティングです。

« 讃岐屋、甘味処(寒天工房) | トップページ | リアル・クコロリス、影つけ用植物 »

ライトワーク」カテゴリの記事