マイリスト

ライトワーク

2016年12月21日 (水)

バックにグラデーション、ゴジラとボックスライト

バックにグラデーションをつけてみました。

「ゴジラにする」は六本木、青山、恵比寿、界隈のスタジオさんがつけた名前です。
もれきりのギザギザがゴジラの歯に似ているからです。
00142
ホリの正面壁に近いと床のの反射が強くてグラデーションになりません。
00144
全体を後ろに下げたらバックが落ちてきました。
ただバックが落ちただけでグラデーションには程遠い。
ゴジラはライトとゴジラと壁の距離を調節しなきゃ、うまくバックが落ちません。つまり、使いようなのでしょう。
 
00143
床と正面壁の明るさの違いであって、壁にグラデーションがついたわけじゃない。
この写真を見ると床の左右に黒い帯ができています。
そろそろホリの手直しが必要になってきたようです。
アールが落ちているのです。
00141
上の写真は、TKボックスにボックス用グリットをつけただけです。
フロントトップにグリッドを付け、ゴジラは念のために上に吊っただけ。
グリットが1灯でもかなり効果があり、このセットではグラデーションと言うよりスポットです。
多灯を使ったら、グラデーションが簡単にできそうです。
3灯ぐらい並列にライティングしたら、広い面積にキレイなグラデーションがつくれます。
TKボックスにボックス用グリットでグラデーションは誰でもすぐに作れます。おすすめは簡単なグリット方式ですね。
ゴジラは一回きっちりと効果を作れてからです。当社では残念ながら、そこまでできていません。きっとノウハウがあるのでしょう。
 
バックにグラデーション、黒ケント紙できる
バックにグラデーション、下からライト
東京都新宿区北新宿1−30−28
株式会社スタジオオン

2016年11月 8日 (火)

センチュリースタンド④ アベンジャーが入荷、応用編

センチュリースタンドとセンチュリーアームはいろんな器具と組み合わせて、ポールや物をがっちり保持するときにも便利です。

当社のセンチュリースタンドにアベンジャー製が加わりました。

1_20

左がRDS製で右がアベンジャー製。

ONのスタジオ内においてあるセンチュリースタンドはRDS製で無料です。

アベンジャー製は800円/日、備品に8本加わりました。

1_17    

高さの違う2種類があります。

1_18

高さ120cmと94cmです。

1_19

アベンジャーのブームは100cm。

RDSのブームは115cm。

1_15

アベンジャーの足のストッパーは一番上だけについています。3本の足は噛み合わさる箇所があります。

1_16

RDSの足は上の2つにストッパーがあるので、足が自由に止められます。

1_13

アベンジャーの作りは新しいだけあってキレイでしっかりしています。

1_14

RDSのは古いので比べるのも気の毒なもの。

ただセンチュリースタンドとしてセンチュリーブームとしても、RDS製でも不都合はありません。センチュリーブームはステンレスパイプを肉厚に改造しています。

************************************

センチュリーブームの使い方の使い方の応用編です。

アルミパイプの両端をセンチュリーとクランプで保持しました。

1

ウエイトをかけておくと、かなりのしっかり度があります。

アルミパイプの時は保持する道具はスーパークランプです。

アルミパイプにRDSのGクランプを使うと、アルミパイプが負けてひしゃげたり穴が開きます。アルミパイプにはスーパークランプがデフォです。

以前はアルミパイプのオートポールの延長パイプに、Gクランプを使ってパイプをつぶす方がいました。ONではそれから、そんな使い方はお断りするようになりました。むろん、ご自分が持ち込んだポールだったら止めません。

ONは無理難題、危険なこと、法律に抵触される方には、スタジオ使用そのものをお断りしています。たとえ撮影当日でも使用をストップいたします。 

「おかえりはあちらです!」

カメラマンや制作の方、照明やさんとは、お仕事を通じて良い関係でありたいと願っています。

1_1

スーパークランプは面でパイプに当たるのでパイプに優しい。

1_2

銅ダボを介しています。

1_3

スーパークランプはアルミパイプや鉄パイプに使えますが、Gクランプは点で締め付けるのでアルミパイプだと歪んだり穴が開きます。

1_6

同じような形になりましたが、こちらはステンレスパイプなのでGクランプを使いました。

1_5

Gクランプは元々がハンガーとして使うものなので、パイプを締め付ける時は木端をかませます。

触れ合うところを点から線へ拡大します。

1_4

Gクランプだけでは締め付けても止まりが弱い。点で締め付けるので面積を広げるために木端を入れます。ハンガーとして使う時は木端は適当にしてください。

応用で下からピンスポットを入れてみました。

1_7

センチュリーブームは便利なグッツです。

1_8

スタンドを入れられないところなどに、センチュリーブームでだせます。

1_9

ピンスポットにはダボが付いています。

ライトの保持だけじゃなく、シャワーヘッドをつけてみました。

1_11

水を使った撮影ではデフォのセットです。

高い位置から、例えば4mの高さから雨を降らせる時にこのようなセットを使います。

1_10

クランプにはエンドジョーズを使っています。潰さないように布をかませています。

1_12

センチュリースタンドもブームもしっかりした作りです。

センチュリーブームに組み合わせるクランプは、相手の材質によって変えてください。

センチュリーアーム③ フラッグ
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-dca8.html

センチュリーアーム② 各種使い方
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-12fa.html

センチュリーアーム①
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-df52.html

東京新宿 STUDIO ON

2015年5月16日 (土)

水を使う

ONでは限定的な水使用ができます。

1stでのご利用に限ります。
4m×5mのビニールで養生します。周りに水が漏れないようにするのと、排水のための養生です。
この養生の中でのみ水使用をお受けいたします。水を溜めたいかたはご自分で水槽などをお持ちください。
当社の養生は水を溜めるためではなく、白ホリを水から守るためのものです。
水使用には養生代として20,000円いただいています。
 
2015516m1
 
このテスト撮影は、お立ち台を防水してその上に人が立ち、3m上からシャワーをかけています。
高い天井高がないとできません。
給排水はホースです。温水も出ます。
手前にたまった水は養生の中からポンプで排水します。
 
2015516m2
 
給排水のホース。
周りを囲うための器具。
ポンプとスッポンジやタオルとバケツが必要です。
一番の注意点は、電源に水がかからないこと。
水が噴き出したり、ためていた水が決壊したりして、水浸しになったら感電の恐れがあります。ライトに水が触れるとガラス管が爆発します。
その為の養生です。
安全が第一です。
 
2015516m3
 
縦を長くしていますが、実際は横長にする方がおおい。
 
2015516m5
 
これで排水します。
シャワーヘッドは水の吹き出しを調節できます。
 
2015516m6
 
水の圧力は意外に大きい。簡単な枠では8cmでも決壊しました。
 
2015516m7
 
逆気味からライトをいれます。
 
2015516m8
 
これはお立ち台を作ってバックを抜くセットです。
 

上のシャワー写真をiphoneで撮影した動画があります。
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-8c70.html

 
水を使った撮影は1stで5m×4.5mの養生の中のみで承ります。できることは限られていますので、お問い合わせください。

スタジオオン
東京都新宿区北新宿1−30−28
03−3363−0077
http://onphoto.co.jp/index.html

2015年5月 7日 (木)

スカイライトのスヌート

天井に設置されているバトンに取り付けるスカイは、基本的には光をまわすライトですが、今回はスポット的に使ってみました。

アナログな作業ですが、黒ケント紙を4枚つなげて巨大なスヌートにしました。
じゃーん
201558s1
4kwスカイなので、スポットライトとして大きくて強力です。
ONのスカイは4kwか2kwでつかえます。
タングステンのスカイ器具にストロボヘッドを組み込むこともできます。「スカイ組み込み」とONでは呼んでいます。1灯から2灯組み込むのが普通です。強力なトップライトになります。ストロボの場合ボックスライトやカサをトップにしますが、このタングステンのスカイの器具を使ってもトップが作れます。スカイはトレペを張ればフラットに光をまわせて、このようにスヌートにすればスポットにもなります。いろいろ加減ができるライト器具です。
タングステンであれば、電源をスライダックを通して使えば電圧調光ができます。
201558s2
写真撮影のためライト位置を下げています。
普段は高さ4mあたりからライティングしています。
2stは小さくても天井が6mあり、高い位置からライティングできます。
左右が白くなったので、いっそう光の回りが良くなりました。
 
スカイにストロボを組み込む
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-21b0.html
スカイにトレぺをかける
 
スタジオオン
東京都新宿区北新宿1−30−28
03−3363−0077

2014年11月18日 (火)

ジャンボアンブレラのカサトレ

先月、190cmのジャンボアンブレラが入荷しました。

190cmタイプではカサトレはできないとお伝えしていましたが、チャレンジしたところできました。
190cmタイプのカサには銀と白があります。
20141117j1
190cmはエリンクローム・オクタライトと同じ大きさです。このカサは柄の数が16本あり円形に近い。
20141117j2  
このサイズのカサトレ制作には2人必要です。両手を広げても左右の端には届きません。
このサイズのカサトレ用に作っておくトレぺ予備ストックはないので、最初からなので制作には2人で20分ぐらいかかります。普通サイズの90cmタイプでしたら1人で10分以内に制作できます。
大きさを比べました。
20141117j4
真ん中は160cmのジャンボカサトレで右が100cmタイプです。90cm標準カサも在庫があります。
160cmは柄が10本です。
20141117j3
190cmのカサトレは大きいのでスタジオ中に光がまわります。
190cmジャンボカサの銀と白をチェック
studioon
http://onphoto.co.jp/

2014年10月24日 (金)

垂直の壁をつくる

ONには垂直壁をバックに撮影できる白壁は2stだけなので、移動式の垂直壁をつくってみました。

この方式の垂直壁を3stに作ると、直射光の入り具合を見て動かせます。
20141024s1
4×8板を2枚つなげて幅240cm、高さ240cmの正方形のパネルにしました。
ハイスタンドとクランプで固定しています。
後ろにサイコロで補強すると人が寄りかかれます。ただ、、、頻繁に動かしたり雑な動かしをすると、貼ったペーパーがよれよれになります。
20141024s2
テストなのでブルーペーパーを貼りましたが、白ペーパーの需要が多いかと思います。
移動する時はスタンドを10cmぐらい上げます。位置が決まりましたら、スタンドをストンと下におろして固定します。
20141024s3
当社モデルの身長は180cmです。
下にもペーパーを敷くと色々なシッチュエーションが作れ面白そうです。
パネル組み立て費は3000円です。それにペーパー代がかかります。
セットペパー1mあたり1700円で、3m×1700円=5100円
幅2.5mの板にペーパーを張るときは、のりしろが50cmぐらい余分にかかりますので、3mと換算します。
 

4×8板は2枚しかありませんので、ご予定がありましたら早めに連絡ください。

2012年02月25日 ペーパーをスタンドやポールキャットで吊る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-f866.html

3stの窓際で布やペーパーを張る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/3st.html

3st自然光の入りかた
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-cfd4.html

STUDIO ON
東京都新宿区北新宿1-30-28  ℡03-3363-0077
http://onphoto.co.jp/

2014年8月 4日 (月)

クロマキーで3面おおう

クロマキーブルーで3面囲いたいとの要望がありました。

8m×6m1枚を正面と左につなげて、6m×6mを床に1枚を使いました。計2枚で3方を囲えました。

コンパクトな2STに幅4m×引き4m×高さ5mのクロマキーブルーのスペースを造りました。狭いスペースを広く使って、いろんな角度から撮影しました。クロマキーは5mの高さがあって、手をあげてもジャンプしても大丈夫。あらゆる角度から撮影できました。

20140116b4

右左から撮るときに便利です。

20140116b2

正面のクロマキーは右へ引っ張ることでしわを伸ばしています。2stだけではなく1st、3stでも同じように囲うことが可能です。

20140116b3

左も引くとしわはなくなります。

3面の角はきれいに折りたたみました。けっこう目立たなくなるものです。

20140116b1

下はトップライトがフラットにあたると、しわは見えにくくなります。
むろんクロマキーグリーンでも造れます。ご相談ください。

株式会社Lucky Ligtingにクロマキーを外注しました
田川健三
横浜市港北新吉田町5721
電話  045−620−7147
fax 045−620−7148
ラッキーライティング

2013年7月25日 クロマキーレンタルは
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-8970.html

物撮り講座でカブを撮る

物撮り写真講座の大きな光物の実習です。

BRDのクロスカブ用スペシャルマフラーの撮影です。今回は紗幕やトレペ、ユポなどを極力使わない、ライトの数も出来るだけ少なく、コストダウンした撮影方法にしました。

ライトは3台5灯

トップはカサトレ

サイドライトはチョウチンと直トレをレフ板にバウンス

A1ad44d0daf53d3897820c8c154b5b301

BRDの改造バイクです。見所はマフラーなので、下から上へあおりました。

ステンレスの溶接状態を見せるためです。もなかタイプに比べて手間がかかりますが性能アップが可能です。

カブ用マフラーですがエアーボックス込で6万円もする高級品です。エンジン取り付けからエキパイの出口まで緩やかにテッパーが付いていてノーマルとは一味違うパワーを得られます。

カメラ横左右にレフ板を2枚づつ立てて箱状にした中にストロボヘッドをバウンスしました。2200mmのトレペか大きな紗幕を使うのが普通ですが、今回はレフ板で代用してみました。

マフラー下に直トレで床あてでおこしています。

バックは高い位置にカサトレです。

ミラーにカラフラッグに白ケント紙を貼って写込ませました。

左サイドの2枚のレフ板がリヤタイヤに弱くタッチを効かせています。タッチをギンギンに当てる時もあります。

ヌケは成り行きのままでバック飛ばし入れていません。

撮影図です

75556440f7b990d13f8f49e9e47312161

カメラは床に置いたレンガの上に三脚ヘッドごと固定。

ミラーの映りのためセンチュリーブームが上に伸びています。

56b71fa06ab839fa0dbb6a1baa4db5841

レフ板とライトの位置です。

F52bccf120a8b7f466531c6979e7816c1

カメラ側から見ました。

カメラは三脚が立てられないくらい低いのでレンガの上に置きました。

下向きのライトはバイクの下にあるマフラーをくっきりさせるため。

正面と後ろも必要なので簡単なセットを組んで撮影。2台3灯~3台3灯。デジタルになってから灯数が少なくてすみます。今回のストロボワット数も50w~500wで使っていました。

B9431925cf72489ce70f945c05d2f0d91

正面ですがしたに影が強く出ています。

トップが高い位置のカサトレ一発だからです。広く紗幕か幅広のトレペを通せば影がなくなります。

F8347bbdeb26da49e0b4771488aa20ba1

トップがカサトレ1灯

カメラ横左右手前にレフ板バウンスが1灯づつ

合計3灯です

テールライトにトップのカサトレが写りこんでいます。ミラーにもスタジオ内が写っています。ミラーには白ケント紙や白カポックを写込ませるのが普通です。

De0574e6229780d4457dfec3edf88af11

ライティング図はこれです。左右からとトップからの3灯

********

次はバイクを一灯で撮るとどうなるかテストです。

まずボックスライトをカメラ側から一発です。

627b932d9fa47b2e178888a9273b24ec1

真横です

1a0975e050eebaf51b7d31a4ab95c04a1

斜め前

1灯では立体感や質感が出ません。

C61d4bd55ba04aaf814e90975b0043421

それにトップライトを加え2灯ライティングにしました。正面からボックスライト、トップからカサトレです。

A2c2c83672b6a88e812045c8025318ac1

トップがあるだけで立体感が出てきましたが、いろんなところにテカリが出てきます。

斜め前からだとテカリが気になりません。最低限の2灯ライティングですね。

*********************

次にファッションでよく使われるリングライトではどうでしょう。

リングライトの1灯です。

B89a79c61250ba308d980702052696001

なんだか不思議な絵です。

横向きのリフレクターがビカビカに反射しています。リングライトはカメラレンズ位置からのライティングなので、リフレクターの反射効率が良いのです。

501b0ef6427c00a045f47557b1d47ff71

やや正面に回り込みましたがリフレクターの反射は強い。

人がらみでは面白い絵になりそうです。D1605acc173bc30c16ddf72ae9686c1c1

バイクとカメラの距離はこれくらいだった。リングライトもプロ用の大型ではなく、サンパックの小型を使いました。ミニカムにはこれより大きなリングライトがありました。コストダウン撮影なのでね。

Bc383622f7e707af2f77f8f32aa13f0f1

リングライトにトップを入れてみます。リングライトの効果が弱くなります。

Ea9567da09e5d2dbc30ff925b2406d4a1

異様な感じはあります。1灯よりは立体感が出てきました。

E2e8ea6fd56860f3751cc97c3de09bb11

これにバイクの正面からレフ板でおこすとノーマルになりそうです。どちらにしてもリングライトを使うと、リフレクターに強い光が入ります。

Ff175f2ba8888701c9c87670286f0d6c1

最初のカットと同じようにレフ板を左右2枚づつ組み合わせて、大きなライトで挟み込みました。

大きなレフ板バウンスで左右からメリハリをつけました。

タッチを入れるときはグリットを使うときもあります。

2012年09月12日 物撮りライティング講座
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-3966.html

物撮りライティング講座は

http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-c562.html

BRDホームページ
http://www.cub110brd.com/

スタジオオン

03-3363-0077

バックにグラデーション、黒ケント紙で上を切る

上からのライトを切ってグラデーションを作ります。

背景になる白ホリゾントの白壁にグラデーションをつけました。

光源はストロボです。

スカイライトの灯体にストロボを組み込んでいます。

Back1

スカイトップをバックにいく光を黒ケント紙で切っただけです。左右のケント紙とレフ板は、正面からの反射光が回らないようにしています。

実際のフレームです。

Back1b

トップライトを直線で切っています。トップのスカイを離したほうがよかった。真ん中にスポットが出来ています。

Back3

左右から床と壁の下側に対角でライトを入れました。床のラインが気になったからです。ただしメインライトが入ったらラインは無くなるかもしれない。

Back3b

全体に柔らかくなった。

次に黒ケント紙の先に、提灯で下振りに床を狙いグラデーションを強調してみた。

左右は無し。

130419back6d

提灯の4灯はほぼ真下降り。

130419back6e

壁に面するリフレクターには黒ケント紙でモレ切りをしています。

130419back6

左右には光が回らないように黒布を垂らしました。どうしても上下左右が白いスタジオでは光が回りすぎます。

130419back6b

かなり上下のコントラストが上がりました。

バックにグラデーション、 下からライト
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-db21.html

バックにグラデーション、ゴジラとボックスライトにグリット
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-46b5.html

東京新宿スタジオオン 白ホリスタジオが3面

http://onphoto.co.jp/index.html

2014年8月 3日 (日)

3stの窓際で布やペーパーを張る

3stは窓の近くに布をセットすることがあります。

南窓の大きさは幅5m、高さは4mあります。高い位置に窓があるので、太陽光を効率よく取り込めます。ただし、夏と冬では日の入り具合が違います。夏至の頃が一番太陽が高くて日の入りが短い。冬至の頃は太陽が低いので奥のほうまで日が入ります。

窓に直角に張ったり、窓に向かって正対するように張ったりいろいろです。

12031931

この日は窓からの光がサイドになるように、生成りの布を張りました。曇りなので柔らかい光です。紗幕を張ったのと同じです。

布幅は280cm長さ670cmです。

************************

張れた日に、ピンクの布バックを垂らしました。斜めに張ってみました。左手はレフ板です。

201535s1

3月5日、am9:30分です。

ピンクの布バックは7mほどあります。ハイスタを目いっぱい伸ばして4m近い高さです。

紗幕カーテンを開けると太陽の直射は入りますが、直射の入り具合などは季節により変化します。

201535s2

紗幕のカーテンを閉めると、全体が柔らかになります。

************************

次はペーパーの質感です。

201535s4

通常の2.7m幅セットペーパーを垂らしました。

レフ板の高さが2.4mなので、垂らしたペーパーの高さは3mより低いくらいです。

201535s3

南窓のカーテンは紗幕生地なので、1秒で紗幕と直射を切り替えられます。

左の北窓は出窓になっていますが、撮影用というよりか空気入れ替え用とテーブル代わりになります。北側の抜けは住宅が隣接してよろしくない。

201535s5

南窓に平行にペーパーを垂らしました。

紗幕ごしなのでフラットな光です。

201535s6

太陽光が入るスタジオとして最初から設計されています。南窓は床からはじまるのではなく50cm上にあげています。その分高い位置に窓を切っています。

天井のバトンなどは通常の白ホリスタジオと同等の設備です。天井も壁も白です。

3stは幅が8mあり、高さは5m、引きは11m。 
スタジオの扉を開けEV前(専用フロアー)まで引いたら13,5mの引きがあります。

2009年12月18日 自然光の入りかた
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-cfd4.html

2009年12月08日 自然光で俯瞰撮影
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-5409.html

2010年02月17日 3stを完全遮光 6m×10mの黒布を吊る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-37bc.html

2012年02月25日 ペーパーをスタンドやポールキャットで吊る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-f866.html

2014年08月03日 垂直の壁を作る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-1f26.html

2013年03月09日 白ホリをメンテナンス 3方向からの写真
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-494f.html

 

東京新宿STUDIO・ON  新宿区北新宿1-30-28 ℡03-3363-0077