マイリスト



  • ONニュースⅡはスタジオオンのブログです。スタジオオンは新宿の撮影スタジオで、白ホリのスペースが3面あります

ライトワーク

2019年8月 8日 (木)

リアル・クコロリスの作例

背景に影をつけた作例写真を作りました。

リアル・クコロリスとは実物で影を作ることです。

今回は鉢植え植物と、1・1の空フラッグにガムテープと黒ケント紙で影を作りました。

作例写真は、いつものコマーシャル・フォット誌の広告用です。

Photo_20190808202501

クリックで画像が拡大されます。

大きめな鉢植を影つけ用に置いています。

タングステンとストロボのミックスしました。

人物にタングステンのプリモスポットなので全体に赤みがあります。

バックの大きな影はタングステンの5kwプリモスポットにブルー・フィルターを付けています。

カメラの設定はデーライトのままです。

波の音、風の音、雨の音、草木の音、虫の音、、、プラネットの歌だ~~~このフレーズは30年前のイタリア映画にありました、、、。

それを少しアレンジです。

全体の明るさが落ち気味じゃないと、影が生きてこないのでスポット光を多用しています。

_2029

2枚目の写真でラダーの陰だしに5kwプリモスポットを使っていますが、実際の撮影にはブルー・フィルターを付けてミックス光のようにしています。

スタジオを広く使う!

色温度を変えた、デーライトとタングステンのミックス光のサンプルです。

モデルはいつもの通り、当社スタッフです。

スタジオオン

東京都新宿区北新宿1-30-28

面白くなくちゃ写真じゃないがモットーです

2019年5月16日 (木)

枠の使い方、1.8m×1.8mなど

ONには枠を作るポールが何本かあります。

1.8m  2本

2.2m  2本

2.4m  2本

があるので、組み合わせて使います。

0102

内側が1.8m×1.8m枠

外側が2.5m×2.2m枠

1.8m×1.8m枠はロケ用の組み立て枠もあります。

0105

ライトボックスより軽量です。

0103

専用のファブリックも付属しています。

0104

1.8枠は2セットできます。

1m×1mの空フラッグも2個あり色々な使い方ができます。

普通の使い方です。

0107

高い位置からストロボ・ヘッド直を1.8m×1.8mでデフューズしました。

0109

ジャンボアンブレラのような影の出方です。

0108

次は変則使用例です。1.8m枠にデフューズを張ったものと、1.1m空フラッグに格子を入れたものを同時に使ってみます。

0110

ここでのメインは下の5kwプリモです。

人物のに当たっているのが5kwプリモなので、アンバーがかかっています。

上の2.5kwHMIは背景ならびに全体の抑えです。

0111

枠を上下して当たり具合を変えて面白いところで固定します。

0112

タングステンのアンバーをそのまま生かしています。

5kwプリモに格子で影をつけました。

観葉植物などで影をつけることが多い。

0113

格子の枠を少し上下させました。

0116

バックに当たるライトの位置も変えてみました。

メインとバックのライトを分けているから、それぞれの調節が可能です。

0118

バックライトの切りの位置を変えました。

0119

黒パーマセルで適当な幅で影(モレ)を作りました。

0120

簡単に移動ができるように5kwメインと同じスタンドに固定。

 

1.8m枠をトップに使うこともあります。

この場合はスカイのバトンから、前後の高さを変えて吊りました。

ななめ天紗です。

0121

セットを見せるために右側から自然光が入っています。

0122

スカイに貼ってある黒ケント紙はバックへのモレ切りです。

0140

18m枠なので光が柔らかく回っています。

ジャンボアンブレラよりも面積が大きいからです。

この撮影の時は上手の自然光は切っています。

0139

トップライトなので顎下にうっすらと影が出ます。

これは1.8m枠使用ですが、もっと大きな枠を組み立てて使う人が多い。

マッタリしたライティングです。

2018年5月 1日 (火)

ライトやストロボを吊る

スタジオには天井にバトンが設置されています。

ブームでトップからストロボなどをだすこともできますが、もっと安全な方法があります。
バトンに直接ダボを介して吊る方法が一般的ですが、パンタグラフを使って自由な高さを選べる方法があります。
_869
左がTKボックスの140✖️100、右は100cmの傘です。
下ふりにすると。
_868
自由なふりができて、自由な高さに固定できます。
レールなので前後左右の移動が可能です。
_870
左は2kwプリもスポットで右は4kwスカイライト。
重量の違いで2種類の強度のパンタグラフを使い分けます。
_871
5kw、2kwm、1kwのプリモスポットを下にむけました。
_872
色でもつけてみっか、、、というわけでミックスしたら光が白くなった。光の三原色の原理の確認です。
_895
スタジオオンにはいくつかパンタグラフがありますので、どうぞご気軽にお声を掛けてください。バトン自体が上下できますが、個々のライトの高さを変えたいときに、パンタグラフは便利なツールです。
使用は無料です。

2018年4月18日 (水)

斜め天紗と、ペーパーを直角にする

スタジオ内で斜めに天紗と、ペーパーを直角にはりました。

このセット(斜め天紗)だと足元が広く使えるのでONの2stでは有用です。

02051
手前のスタンドはしっかりした物を立てます。
ストロボはバトンからトップに吊ったのでスタンドいらずです。
バトンのレールに吊っているので前後左右の移動が可能です。
ストロボ・ヘッドとレールの間にパンタグラフを入れれば、単独で高さの調節が効きます。
広いスタジオでしたらブームでストロボをだしてもいいですが、ONの2stのように狭いスタジオでは、できるだけスタンドは使いたくない。
せっかく吊る設備があるので、どうぞフルに利用して下さい。
それと吊りはスタンドに人が引っかかって倒れることがありません。
きわめて安全なセットなのです。
充実した設備がスタジオオンの2stの特徴です。
02052
セットペーパーは直角に壁のようにという要望だったので、一度後ろに折り込んでいます。
02054
真っすぐに折り込むには角材があると便利です。
02053
トップの斜め天紗の高さはロープで調整します。
この直角ペーパーは寄り掛かることができません。
48板2枚を組み合わせた壁は寄り掛かることができます。
02055
紗幕はポールを介してロープで吊っているので高さを変えられます。
左右に傾けることも可能です。
自由度の高いセットです。
照明さんはグリップ器具とロープを活用します。
テープは強度が全くないのと、後が汚くなるので使いません。
これが、、、素人はテープを使いたがります。ONではできるだけテープを使わないようにしています。個人のかたのスタジオではテープがちょうど良いこともありますが、このようなスタジオでは、使わないにこしたことはない。
02056
影が出ません。
02057
斜め天紗はフラットなライティングです。
タッチが欲しくなるくらいです!

2016年12月21日 (水)

バックにグラデーション、ゴジラとボックスライト

バックにグラデーションをつけてみました。

「ゴジラにする」は六本木、青山、恵比寿、界隈のスタジオさんがつけた名前です。
もれきりのギザギザがゴジラの歯に似ているからです。
00142
ホリの正面壁に近いと床のの反射が強くてグラデーションになりません。
00144
全体を後ろに下げたらバックが落ちてきました。
ただバックが落ちただけでグラデーションには程遠い。
ゴジラはライトとゴジラと壁の距離を調節しなきゃ、うまくバックが落ちません。つまり、使いようなのでしょう。
 
00143
床と正面壁の明るさの違いであって、壁にグラデーションがついたわけじゃない。
この写真を見ると床の左右に黒い帯ができています。
そろそろホリの手直しが必要になってきたようです。
アールが落ちているのです。
00141
上の写真は、TKボックスにボックス用グリットをつけただけです。
フロントトップにグリッドを付け、ゴジラは念のために上に吊っただけ。
グリットが1灯でもかなり効果があり、このセットではグラデーションと言うよりスポットです。
多灯を使ったら、グラデーションが簡単にできそうです。
3灯ぐらい並列にライティングしたら、広い面積にキレイなグラデーションがつくれます。
TKボックスにボックス用グリットでグラデーションは誰でもすぐに作れます。おすすめは簡単なグリット方式ですね。
ゴジラは一回きっちりと効果を作れてからです。当社では残念ながら、そこまでできていません。きっとノウハウがあるのでしょう。
 
バックにグラデーション、黒ケント紙できる
バックにグラデーション、下からライト
東京都新宿区北新宿1−30−28
株式会社スタジオオン

2016年11月 8日 (火)

センチュリースタンド④ アベンジャーが入荷、応用編

センチュリースタンドとセンチュリーアームはいろんな器具と組み合わせて、ポールや物をがっちり保持するときにも便利です。

当社のセンチュリースタンドにアベンジャー製が加わりました。

1_20

左がRDS製で右がアベンジャー製。

ONのスタジオ内においてあるセンチュリースタンドはRDS製で無料です。

アベンジャー製は800円/日、備品に8本加わりました。

1_17    

高さの違う2種類があります。

1_18

高さ120cmと94cmです。

1_19

アベンジャーのブームは100cm。

RDSのブームは115cm。

1_15

アベンジャーの足のストッパーは一番上だけについています。3本の足は噛み合わさる箇所があります。

1_16

RDSの足は上の2つにストッパーがあるので、足が自由に止められます。

1_13

アベンジャーの作りは新しいだけあってキレイでしっかりしています。

1_14

RDSのは古いので比べるのも気の毒なもの。

ただセンチュリースタンドとしてセンチュリーブームとしても、RDS製でも不都合はありません。センチュリーブームはステンレスパイプを肉厚に改造しています。

************************************

センチュリーブームの使い方の使い方の応用編です。

アルミパイプの両端をセンチュリーとクランプで保持しました。

1

ウエイトをかけておくと、かなりのしっかり度があります。

アルミパイプの時は保持する道具はスーパークランプです。

アルミパイプにRDSのGクランプを使うと、アルミパイプが負けてひしゃげたり穴が開きます。アルミパイプにはスーパークランプがデフォです。

以前はアルミパイプのオートポールの延長パイプに、Gクランプを使ってパイプをつぶす方がいました。ONではそれから、そんな使い方はお断りするようになりました。むろん、ご自分が持ち込んだポールだったら止めません。

ONは無理難題、危険なこと、法律に抵触される方には、スタジオ使用そのものをお断りしています。たとえ撮影当日でも使用をストップいたします。 

「おかえりはあちらです!」

カメラマンや制作の方、照明やさんとは、お仕事を通じて良い関係でありたいと願っています。

1_1

スーパークランプは面でパイプに当たるのでパイプに優しい。

1_2

銅ダボを介しています。

1_3

スーパークランプはアルミパイプや鉄パイプに使えますが、Gクランプは点で締め付けるのでアルミパイプだと歪んだり穴が開きます。

1_6

同じような形になりましたが、こちらはステンレスパイプなのでGクランプを使いました。

1_5

Gクランプは元々がハンガーとして使うものなので、パイプを締め付ける時は木端をかませます。

触れ合うところを点から線へ拡大します。

1_4

Gクランプだけでは締め付けても止まりが弱い。点で締め付けるので面積を広げるために木端を入れます。ハンガーとして使う時は木端は適当にしてください。

応用で下からピンスポットを入れてみました。

1_7

センチュリーブームは便利なグッツです。

1_8

スタンドを入れられないところなどに、センチュリーブームでだせます。

1_9

ピンスポットにはダボが付いています。

ライトの保持だけじゃなく、シャワーヘッドをつけてみました。

1_11

水を使った撮影ではデフォのセットです。

高い位置から、例えば4mの高さから雨を降らせる時にこのようなセットを使います。

1_10

クランプにはエンドジョーズを使っています。潰さないように布をかませています。

1_12

センチュリースタンドもブームもしっかりした作りです。

センチュリーブームに組み合わせるクランプは、相手の材質によって変えてください。

センチュリーアーム③ フラッグ
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-dca8.html

センチュリーアーム② 各種使い方
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-12fa.html

センチュリーアーム①
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-df52.html

東京新宿 STUDIO ON

2015年5月16日 (土)

水を使う

ONでは限定的な水使用ができます。

1stでのご利用に限ります。
4m×5mのビニールで養生します。周りに水が漏れないようにするのと、排水のための養生です。
この養生の中でのみ水使用をお受けいたします。水を溜めたいかたはご自分で水槽などをお持ちください。
当社の養生は水を溜めるためではなく、白ホリを水から守るためのものです。
水使用には養生代として25,000円いただいています。
2015516m1
このテスト撮影は、お立ち台を防水してその上に人が立ち、3m上からシャワーをかけています。
高い天井高がないとできません。
給排水はホースです。温水も出ます。
手前にたまった水は養生の中からポンプで排水します。
2015516m2
給排水のホース。
周りを囲うための器具。
ポンプとスッポンジやタオルとバケツが必要です。
一番の注意点は、電源に水がかからないこと。
水が噴き出したり、ためていた水が決壊したりして、水浸しになったら感電の恐れがあります。ライトに水が触れるとガラス管が爆発します。
その為の養生です。
安全が第一です。
2015516m3
縦を長くしていますが、実際は横長にする方がおおい。
2015516m5
これで排水します。
シャワーヘッドは水の吹き出しを調節できます。
2015516m6
水の圧力は意外に大きい。簡単な枠では8cmでも決壊しました。
2015516m7
逆気味からライトをいれます。
2015516m8
これはお立ち台を作ってバックを抜くセットです。

上のシャワー写真をiphoneで撮影した動画があります。
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-8c70.html

水を使った撮影は1stで5m×4.5mの養生の中のみで承ります。できることは限られていますので、お問い合わせください。

スタジオオン
東京都新宿区北新宿1−30−28
03−3363−0077
http://onphoto.co.jp/index.html

2015年5月 7日 (木)

スカイライトのスヌート

天井に設置されているバトンに取り付けるスカイは、基本的には光をまわすライトですが、今回はスポット的に使ってみました。

アナログな作業ですが、黒ケント紙を4枚つなげて巨大なスヌートにしました。
じゃーん
201558s1
4kwスカイなので、スポットライトとして大きくて強力です。
ONのスカイは4kwか2kwでつかえます。
タングステンのスカイ器具にストロボヘッドを組み込むこともできます。「スカイ組み込み」とONでは呼んでいます。1灯から2灯組み込むのが普通です。強力なトップライトになります。ストロボの場合ボックスライトやカサをトップにしますが、このタングステンのスカイの器具を使ってもトップが作れます。スカイはトレペを張ればフラットに光をまわせて、このようにスヌートにすればスポットにもなります。いろいろ加減ができるライト器具です。
タングステンであれば、電源をスライダックを通して使えば電圧調光ができます。
201558s2
写真撮影のためライト位置を下げています。
普段は高さ4mあたりからライティングしています。
2stは小さくても天井が6mあり、高い位置からライティングできます。
左右が白くなったので、いっそう光の回りが良くなりました。
 
スカイにストロボを組み込む
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-21b0.html
スカイにトレぺをかける
 
スタジオオン
東京都新宿区北新宿1−30−28
03−3363−0077

2014年11月18日 (火)

ジャンボアンブレラのカサトレ

先月、190cmのジャンボアンブレラが入荷しました。

190cmタイプではカサトレはできないとお伝えしていましたが、チャレンジしたところできました。
190cmタイプのカサには銀と白があります。
20141117j1
190cmはエリンクローム・オクタライトと同じ大きさです。このカサは柄の数が16本あり円形に近い。
20141117j2  
このサイズのカサトレ制作には2人必要です。両手を広げても左右の端には届きません。
このサイズのカサトレ用に作っておくトレぺ予備ストックはないので、最初からなので制作には2人で20分ぐらいかかります。普通サイズの90cmタイプでしたら1人で10分以内に制作できます。
大きさを比べました。
20141117j4
真ん中は160cmのジャンボカサトレで右が100cmタイプです。90cm標準カサも在庫があります。
160cmは柄が10本です。
20141117j3
190cmのカサトレは大きいのでスタジオ中に光がまわります。
190cmジャンボカサの銀と白をチェック
studioon
http://onphoto.co.jp/

2014年10月24日 (金)

垂直の壁をつくる

ONには垂直壁をバックに撮影できる白壁は2stだけなので、移動式の垂直壁をつくってみました。

この方式の垂直壁を3stに作ると、直射光の入り具合を見て動かせます。
20141024s1
4×8板を2枚つなげて幅240cm、高さ240cmの正方形のパネルにしました。
ハイスタンドとクランプで固定しています。
後ろにサイコロで補強すると人が寄りかかれます。ただ、、、頻繁に動かしたり雑な動かしをすると、貼ったペーパーがよれよれになります。
20141024s2
テストなのでブルーペーパーを貼りましたが、白ペーパーの需要が多いかと思います。
移動する時はスタンドを10cmぐらい上げます。位置が決まりましたら、スタンドをストンと下におろして固定します。
20141024s3
当社モデルの身長は180cmです。
下にもペーパーを敷くと色々なシッチュエーションが作れ面白そうです。
パネル組み立て費は3000円です。それにペーパー代がかかります。
セットペパー1mあたり1700円で、3m×1700円=5100円
幅2.5mの板にペーパーを張るときは、のりしろが50cmぐらい余分にかかりますので、3mと換算します。
 
2m40cm角板にピンクのセットペーパーを貼りました。
窓に対して直角におき、自然光だけで撮影。
iso200  f8  1/80
00741
バックが暗いのでストロボを逃し気味にとばし、手前にグリットをアクセントに入れてみました。
00740
全体像はこんな感じです。
スタンドはハイスタの時もあれば、センチュリースタンドの時もあります。
使いやすい方法でどうぞ。
00742
南窓から3mぐらい。
明るさは先ほどと同じで、iso200  f8  1/80ですがアクセントをつけています。
この写真は3stですが、どこのスタジオでも、屋上スペースでも垂直パネルを作れます。
屋上では太陽光(自然光)でのパネル撮影になります。
ONの屋上には幅3.6m、高さ3mの固定パネルをご用意してありますので、使いやすいパネルが選べます。
垂直壁を正面から見ると。
00743
どこでもドアーじゃないけど、どこでも垂直壁です。

4×8板は2枚しかありませんので、ご予定がありましたら早めに連絡ください。

2012年02月25日 ペーパーをスタンドやポールキャットで吊る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-f866.html

3stの窓際で布やペーパーを張る
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/3st.html

3st自然光の入りかた
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-cfd4.html

STUDIO ON
東京都新宿区北新宿1-30-28  ℡03-3363-0077
http://onphoto.co.jp/

より以前の記事一覧