マイリスト

外注品

2016年2月24日 (水)

プロフォト、シネマヘッド

プロフォトのシネマヘッドです。

ONの備品ではありません、優美レンタルさんから取り寄せます。
シネマヘッドには前面に各種ガラスレンズが備品で用意されています。
その効果などを見てみましょう。
シネマヘッドの全体像です。
1_1
ガラスレンズが付くことと、羽が付けられます。
ヘッドはノーマルヘッドそのものなのか確認していないが、スタンドダボが付いていることなどから普通のヘッドと推測できます。
1
HMIでも付けられるのかも知れない。
スチール撮影では多種なガラスレンズを使い分けるカメラマンさんはいないのでは。
照明屋さんが使いたくなるようなアクセサリーでしょう。
1_2
羽を外すとリフレクターの形状がわかります。
プロフォトのヘッドはリフレクターに差し込み方で照射範囲が変化したはずです。
1_3
プロフォトは本体の作りもよく考えられているが、ヘッドもなかなか面白い。
これで、発光チューブが丈夫だったらいいのだが。
ジェネレーターのコンデンサーは、修理業者さんの話では品質の良いものを使っているそうだ。発光部の寿命に国産に比べて若干の問題がある。
1_4
ガラスレンズを取り付けるのには、ストッパーを跳ね上げます。
ボタンを押すとバネで跳ね上がります。
こんなところに高級感を持たせているので、プロフォトはユーザーに人気なのでしょう。発光したら国産でもブロンでもプロでも中国製でも一緒だろう。
プロを使っているということが、仕事に満足感を与える、、、。
だから安いことを求める人もいるが、余裕があれば高級感を求める人もいるということです。
1_5
バチンと跳ね上がったところにガラスレンズを差し込みます。
レンズは6枚セットになっていました。それにデフューズ用の金属の網が付属しています。よくできているしカッコも良いのだが効果の差が微妙すぎる感があります、、、。なんだか高価な大人のおもちゃ?
1_6
最低限のもので最大の効果という正反対な製品なのか?
1_7
以前のバージョンもテストしたことがあったが、レンズの種類は減ったが作りは良くなっている。いろいろ進歩しているのだな。
だけど誰が使うのかちょっと想像がつかない。
持っていて楽しいグッツではあるが、、、。
実際の照射を見てみましょう。
デフォで付いていたスリガラスを外して、何もつけない状態。
1_8
生光なので光が一番強い。
次はデフォで付いていたスリガラスを爪の外側につけました。離してつけたということです。
1_9
外側につけたので、光の漏れがムラを作っています。
デフォで付いてきたスリガラスを一番内側(ヘッドに近いところ)につけました。
1_10
一つ前の写真と同じデフォで付いてきたスリガラスですが、密着しているので隙間がなくムラも生じません。
フレネルレンズをつけました。
1_11
フレネルなのでスポットです。
ナロースポットをつけます。
1_12
フレネルよりスポットのようです。周りの落ちが大きい。
ミディアムフルードはどちらかというと拡散のはず。
1_13
グラデーションがキレイな感じがしますが、どうですか〜〜〜。
ワイドフルードはワイドと名のっているように拡散でしょう。
1_14
中心のスポットが小さくなり、グラデーションがつきました。
スーパーワイドフルード
1_15
これが一番ワイド照射のレンズです。スポットがほぼなくなりました。
本体にはレンズが3枚つけられるようになっているので、これら6枚➕1枚のレンズを組み合わせることも可能です。金網セットがありましたが、照明の紗のような効果があります。
このシネマヘッドを使うときは、陰影をつけるためや、背景にスポットで照明するようなときに便利なようです。メインに使うには点光源すぎると思います。メインにはオパライトぐらいをお勧め。

2015年12月10日 (木)

ブロンカラースコロ&スポットヘッド&コボセット

ブロンカラー・ストロボのスポットセットです。

スポット部は発光菅がビルトインされた四角い本体と、レンズ部に分かれています。
本体だけで使うこともでき、筒状のレンズ部を合体すると、スポットのピントをシャープにできます。
1_11
スポット本体とスコロ・ジェネレーターです。
ジェネレータはブロンには様々な機種があります。
1_5
スコロ3200w、ジェネ1台で11000円/日、これにヘッドが必要です。
パワーはデジタル調光で、3ラインが各々個別に調光ができます。3ライン全部合わせて3200wまでです。
1_10
スポットの本体10000円/日です。
中にストロボの発光部がビルドインされています。
手前のフレネルレンズの前に筒状のレンズを取り付けられます。
1_8
後ろにあるハンドルを回してスポットと散光の具合を変えます。
1_4
一番絞った時がこれくらいです。
光の輪郭はぼやけています。
1_3
散光にした時です。
これくらいの集散光です。
1_6
真後ろにあるハンドルです。
左上が発光部のスイッチ。
1_9
筒状のレンズ部をつけました。アダプター(コボセット)の種類が非常に多くあります。
1_7
筒状のレンズには羽が4つあるので、ピンスポットのようにライトを切ることができます。
1_12
丸くするには丸い穴の金属プレートがあります。
1
アダプターのさらにアダプターになるのか、、、。
1_1
切り絵のような金属プレート・セットです。
1_2
ブロンカラースコロ&スポット&コボセットは優美レンタルからお借りしました。
優美レンタル
03−3404−8989
プロフォト・ズームスポット
エリンクローム・ソーラスポット
エリンクローム・ズームスポット

2015年4月 1日 (水)

フォトフレックス・オクタドームM

フォトフレックス・オクタドームは8角形のボックスライト。

外注機材ですので、早めにご注文ください。

2015315f1

エリンクローム・オクタライトと同じようですが、反射生地が白、銀、金と変えられます。

デフューザーが一枚ついています。

2915315f2

使い方はほかのボックスライトと同じですが、オクタなので柄が多い。

2015315f3

インナーです。

2015315f4

本体で反射生地の替えがあります。

2015315f5

銀をつけました。

2015315f6

金です。

2015315f9

銀と金はこのように分割されています。

効果は以下のとおり。

2015315f7_2

金をつけると、、、。

2015315f8

ミックスで使うと面白そうです。

エリンクローム・オクタライトとジャンボアンブレラを比べる
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-d6fb.html

ブロンカラー・パラ88と170を比べる
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-c588.html

スタジオオン
東京都新宿区北新宿1-30-28
03-3363-0077
http://onphoto.co.jp/

2015年3月25日 (水)

エリンクローム・ソーラスポット

エリンクロームのソーラースポット(フレネルスポット)をお借りしました。

2015325s1

図体の大きな器具です。

右隣は1kwプリモスポット。

2015325s2

アダプターを変えることで各種メーカーに対応しています。

2015325s3

スターティングの状態です。

これでスポットになります。

2015325s4

ばらしの状態。

右のハンドルを回すとストロボヘッドが前後に動きます。

2015325s7

かなりスポットですが周辺がぼやけています。

2015325s6

バラシ状態

エリンクローム・ソーラースポットの特徴は、スポットでも拡散でもぼやーとしていること。下記の2種のスポットはタングステンのピンスポットのような効果で、ソーラスポットのアバウトさがない。シャープにスポット光が欲しいときには下記のスポットライトを。アバウトで集拡散の光が欲しいときにはソーラースポットが良い。各々特徴が違います。

ピンスポットのように内羽根でシャープに光を切れる機種が2つあります。

プロフォト・ズーム・スポット
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-c960.html

エリンクローム・ズームスポット
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-5c73.html

ブロンカラー・スコロスポットヘッド
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-28b9.html

スタジオオン
東京都新宿区北新宿1-30-28
http://onphoto.co.jp/index.html

2014年8月22日 (金)

ブロンカラーgrafitA2

スタジオで使われるストロボメーカーは、プロが一番多いが、フォトナ、ブロンも使いやすく信頼されています。

Broncolor grafitA2は3200w。

デジタルで各ヘッドごとに調光できます。

2014724b2

ブロンはジャックが独特の形をしています。プロも初期型(プロ1)はブロンと同じような形状だった。大電流が流れるジャック形式だそう。

grafitも最新型は液晶パネルがカラーになった。

2014724b1

コードが横に出るので変な力がジャックにかからない。

2014724b3


機械は何でも使いこなさないとね。

2014724b4

最近のストロボはジャックの抜き差しで暴発するようなことはなくなった。初期バルカーは悩みの種でした。バルカーと提携した写真電光のストロボが同じジャックで、怖かったですね。

2014724b5

今回のヘッドはスリットライト。

縦が50cm、幅が15cmぐらいの縦長です。

左右にバーンズ板(羽)があってスリット幅を変えられます。

2014724b6

正面から見るとカマボコが縦になった感じ。

蛍光灯のような感じもします。

2014724b7

照射範囲は当たり前のように縦長のよう。

2014724b8


ブロンは商品撮影用のパーツを多く出している。

このライトも、近ずけなきゃ効果は薄いでしょう。

あるいは、ぎりぎり羽を絞ってスリット状にして使うのかも。
プロフォトのMulti Cine Reflectorをテスト

http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/multi-cine-lifr.html

フォトナストロボについて
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-bc08.html

studioon
http://onphoto.co.jp/

2014年8月 5日 (火)

撮影用ターンテーブル、ご紹介

人が乗れるくらいのターンテーブルです。大きさが色々あるようで、大きな撮影から小物まで使えそうです。

直径1mのターンテーブルを借りました。スピードコントロールができます。

2014516s1

レンタル会社は

アークベル株式会社

1500002

東京都渋谷区渋谷3-8-12 第一生命ビル4F

03-3400-0705

2014年8月 3日 (日)

ポケッドウザード、送受信機

ポケットウザードはONの備品ではありません、優美レンタルからお取り寄せしました。
http://www.yubi-rental.co.jp/

120222w1

ホットシューでシンクロできます。
ホットシューがなければカメラとコードをつなぎます。

120222w2

送受信機でワンセット

120222w3
受信機はジェネのジャックに差し込む

120222w4
送信機

120222w5
単純な機構

120222w6
実は送信受信兼用です

120222w7_2
on、off

受信機

120222w9
操作面で送信機とはちがう。

***************************

プロフォトのエアーシンクロはです。

2015115s1

プロフォト用のエアーシンクロは,プロフォトに使うときは送信機だけでいいけど,国産メーカーに使うときは受信機側も必要です。

送信機,受信機とも同じものです。

Dsc_6212

プロフォトのエアーシンクロは小さくなって確実になってきました。

***********************

国産ストロボの、フォトナでもサンスターでも、クリップオンストロボに黒い赤外線フィルターをつければ、簡単にノンコード発光が出来ます。
もともとジェネレーターに赤外線スレーブを内蔵しているからです。

自分で使っているときは、真っ黒な赤外線フィルターを、小いさなストロボの発光部につけていました。ガイドナンバーで11ぐらいの超コンパクトなものでOKだった。

とても便利でしたが皆さん知らないのか、あまり見たことがない。

スモッグマシーン、ドライアイス

ONの備品じゃありません、機材やさんからおとりよせいたします。

スモークマシンは油を使うものが多いが、ドライアイスを使うものは無害です。ドライアイスの煙は冷たいので下に溜まる。

タバコの煙や発炎筒の煙は上に上がります。煙の種類で使い分けます。

発炎筒を使う時は近くに水の入ったバケツと雑巾を用意しておくこと。火のついた発炎筒を消したい時にジュッとバケツに突っ込みます。濡れ雑巾は万が一のためです。

映画やCFなどの撮影現場で、ADたちが発炎筒をグルグル大きく回しながら林の中を走り回ってモヤを作っています。霧がかかった幻想的なシーンを作ります。スチール撮影にもゼヒ使いたい方法ですね。

110910d1

原始的な器械なので大きい。

四角い湯沸かし器と思えば間違いない。入れたドライアイスは機械の中にある金網でお湯の中から上に持ち上げられます。

それで煙を出したり止めたり、、、できるはず。

機構的には説明の通りですが、私は実際に扱ったことがないから、それ以上はなんとも、、、。

110910d2

ここに水をいれ電源をいれて熱して温水にしてからドライアイスを入れます。

110910d3

ワット数は大きくて、15アンペアーのソケットが2つ付いています。

合計3kwは家庭ではヒューズが飛ぶ恐れがあります。

110910d4

舞台などに使う機器だと思います。原始的な機械だけど単純で確実です。

2014年7月31日 (木)

エリンクローム・ズームスポット

Elinchrom zoom 18°~36°

ギアハウスからお取り寄せいたしました。

110909e1
プロフォトのズームライトと比べると、使い勝手は同じですが、本体の造りや操作がシッカリしています。

110909e2

大きさもプロフォトと同じぐらい。全体に造りがスマートです。

110909e4

後部のヘッドアダプターを変えれば、各種ストロボメーカーに対応できます。

上下のストッパーは効きが良いし、ライトカッターのつまみが大きくて使いやすい。

真ん中にライトカッターがあり、フロントに丸や模様のスクリーンが付けられます。

110909e3

110909e5

ライトカッターを外側に引き出してケラレがありません。つまみが大きいのが特徴です。

昔からあるRDSのピンスポットと比べると隔世の感があります。ピンスポは使っていると熱くなり触れないし、ライトカッターが小さいので扱いにくい。このあたりが時代の進歩でしょう。

110909e7

キレイな三角形は羽が厚いのでできません。プロフォトのズームスポットはキレイな三角形が作れます。

上下のストッパーはデスクブレーキのような造りでよく止まります。

製品にガタがないのはあたりまえか~~~。

110909e6

ぼかしたところ

110909e8

ピントを合わせました

110909e10

フロントにつけるアタッチメント。

これでもライトを切れますが、どんな効果かチェックしていません。

これは真ん中に器具を介して付けられます。スクリーンのような効果があり、ぼかして使うと面白そうです。

110909e9


ステンドグラス調、木の枝調、水面の光調、幾何学模様などいろいろ。

フロントにカラーフィルターを付け、真ん中にスクリーンが付けられます。スクリーンも自分で自作できます。

110909e11

プロフォトズームスポットと同時に使ったわけではないので確かじゃありませんが、造りは間違いなくエリンクロームのほうがしっかりしています。各操作部が大きくがたがない。

ブロンカラー・スコロスポットヘッド
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-28b9.html

プロフォト・ズームスポット
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-c960.html

エリンクローム・ソーラースポット
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-ab0f.html

ギアハウス
http://www.gearhouse.co.jp/

優美レンタル
http://www.yubi-rental.co.jp/

スタジオオン 
東京都新宿区北新宿1-30-28
03-3363-0077
http://onphoto.co.jp/

2014年7月26日 (土)

モーラとRDS改の違い、テスト

私達は普通モーラレフと呼んでいるオパライトのテストです。RDS改造オパライトとどう違うかテストです。

モーラはONの備品ではありません。ギアハウスか優美からお取り寄せしています。優美レンタルには各種メーカーのオパライトが展示してあり、実際にご覧になるのがよろしいかと思います。

ギアハウス
http://www.gearhouse.co.jp/index.html

優美レンタル
http://www.yubi-rental.co.jp/

サイズがいろいろあるようですが、これは直径85cm、厚さ30cm、5000円/日。モーラの中では大きなほうです。

専用ディフューザーは1000円/日

091007o1

モーラ・オパライトは元々汎用品です。

サイズはいろいろあるようなので、お問い合わせください。アダプターで各ストロボヘッドにあわせます。

091007o2

最小発光しました。

光がリング状になるのが特徴です。

オパライトにディフューズを付けなくても柔らかい光です。

091007o3

モーラ・オパライト専用ディフューザーを付けました。

紗幕のような生地で付けはずしが簡単。

★ 当社のスカイパン改造オパライトと比べてみます。

RDS製のスカイパンですが、ストロボヘッドを付けられるように改造したもので、直径が75cm、厚さ25cm、2000円/日。

091007o4

モーラ・オパライト85cmに比べると一回り小さい。

091007o5

最小ワット数で発光しました。

真ん中のストロボチューブ・カヴァーが黒い点になります。

091007o6

同じくディフューザーを付けました。

ディフューザーを付けるとRDS改造オパライトのほうがムラが少ない。真ん中はやや影がのこります。

どちらもストロボ出力をジェネの最小出力35wにして、ムラが見やすいようにしています。実際はワット数をもっと大きくしますので、白く飛ぶでしょう。

**********************************

では実際にこれらオパライトでブツを撮ってみます。

まずモーラ・オパライト単体で

091007o7

物とライトの表面までの距離は120cm。

柔らかい光で、色はニュートラル。

次はモーラ・オパライトにディフューザーを装着。

091007o8

より柔らかくなると同時に、光量が半段ぐらい落ちます、それと少し青みが強くなる。

次はRDS改造オパライト。

091007o9

これがいちばん明るくて、少し赤みを感じます。モーラ・オパライトより光が硬い。

 

レフの反射が明るい分、硬いのかもしれない。RDS改造オパライトにはディフューザーは付けませんでした。

 

ディフューザーを付けたら、どれも同じでしょう。

 

オパの効果(プロフォット用オパライト直径55cmの中白、中銀)
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-af16.html

オパライトの照射範囲テスト、110モーラ、75RDS、45フォトナ
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-50a9.html

ストロボヘッドの各種照射範囲テスト
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-9b19.html

スカイパン改造のオパライト
http://studioon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-7376.html

東京新宿 STUDIO ON