« 病院内情報誌ロハス・メディカルは詳しい | トップページ | 認知症を早期に発見するには、いつでも元気から »

2016年9月18日 (日)

男の料理教室、納豆オムレツ&カツオのたたき

千駄ヶ谷社教館で毎月1回開催されている男の料理教室でした。
今日のメニューは、カツオのたたきと納豆オムレツ他。
_0327
カツオのたたきはやったことない、納豆オムレツも初めてだ。
バジル、チーズ、トマトは最近しょっちゅうなんで問題なし。
ここの男の料理教室は、いつもは「爺~ジロ」と「婆~バラ」の危険(衛生観念)な料理教室ですが、、、。
今日は、、、可愛らしいが「お人柄がやんごとなき孫娘」が登場してジージロとバーバラをいたぶったり、茶々を入れたりでにぎやかな教室になった。
_0325
可愛らしい小悪魔さんがジージロとバーバラのお手伝い。
_0318
今回のジージロは手際よく分担して料理でした。
_0319
納豆オムレツを作るのは初めて。
ごく一般的な料理ですが、初めてだと難しいのなんの!
_0317
男3人で四苦八苦。
手つきがごちゃごちゃにクロスしている。
_0320_2
いちばん奥が最初のオムレツでぐずぐずに崩れてしまった。
左下はお二人に手伝ってもらったもの。
右のキレイにできたものは居酒屋をやっていたバーバラが作ったもの。
サスガにバーバラは年季が入っていてきれいに作る。
昔、お客さんによく作っていたというわけですね。
お味は違うのかしら?
_0315
納豆はかき混ぜただけなので、お味が単調になってしまった。
醤油、ネギ、みょうがでも入れればよかった。
頭が働きませんでした。
_0323
オムレツにフルーツを盛り合わせしました。
男の料理教室には似合わない一品です。
だいたい、呑み助の料理なんで、お酒のおつまみみたいな料理が多くて、健康的なお料理は少ない。
_0322
ナチュラルチーズを振りかけて、電子レンジでチンするだけ。
できるだけ簡略にするのが男の料理教室のメニューです。
定年退職して、妻から三下り半を突き付けられて、男1人で生きながらえる、、、料理を標榜しています。切羽詰まった料理が多いので簡単をモットーにしています。
_0324
本日のメインディシュですが、料理過程の写真がありません。
一心不乱に料理していたからです。
カツオをちょっとあぶり、ペーパータオルで水分を取り切り分けました。
ポン酢醤油で食べます。
ご飯のような炭水化物はなかったけど、おなか一杯になりました。
食べ過ぎです~~~。
ジージロとバーバラはだいたい小食なので、私一人でモリモリ食べたからです。皆さん酒は、、、蟒蛇のように飲んでいました、、、。
男の料理教室の会費は1000円。
毎月、渋谷区の千駄ヶ谷にある社教会館で開催しています。

2016年5月 21日 男の料理教室、チキンフリカッセ(キューバ料理)

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e3b8367673bd8e95554449baee22acca

 

« 病院内情報誌ロハス・メディカルは詳しい | トップページ | 認知症を早期に発見するには、いつでも元気から »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2053849/67554988

この記事へのトラックバック一覧です: 男の料理教室、納豆オムレツ&カツオのたたき:

« 病院内情報誌ロハス・メディカルは詳しい | トップページ | 認知症を早期に発見するには、いつでも元気から »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ