心と体

2014年8月26日 (火)

病院内でクリスマス会

2012年12月クリスマス

長期リハビリの方はクリスマスでも家には帰れません。
それで「代々木病院」へ我ら出張サンタさんの登場でした。

A8d9fb981d04ee2d937f396c2407669a1

みなさんボランティアですが、サンタさんの格好がよく似合っています。ヒゲだって自前でもいけるのでは?
私はこれが2回目で、最初はリハビリで家に帰れない人が大勢いるのにビックリしたけど、これから高齢者社会になると考えると、もっと施設内でクリスマスを迎える方が増えると思います。
病気じゃなくても、高齢というだけで不自由がありますから。
私らは「まだ」健常者なんで、社会保障がやらないことをやるだけです。

B374c0e9737e840ab37993e3d2fa07f01

トリオの漫才師と手品師でした。
普段は女医さんです!
素人手品でも皆さん大受けだった、上出来できですよ。

6ae494247dd96b51402a3bbd4851d63b1

フラダンスは常磐ハワイヤンセンターが有名ですが、ここのフラダンスもそうとうきています。
茨城のハワイヤンセンターは仕事で何度も行ったことがある。
茨城と福島の県境にあるので、先の震災と原発事故で大きなダメージを受けた。ちょうど、その前年あたりに映画「フラガール」が大ヒットしました。
そのおかげで、ハワイヤンセンター支援の輪ができ、なんとか営業を続けられているそうです。
ハワイヤンセンターの社長は私の大学の同期生。
頑張って欲しいです。

37f391d106839ea4a2bed18dabcff8aa1

巷だって冬の寒さが身にしみますが、リハビリで家に帰れない人達の気持ちはいかがなものでしょう。
お金をかけるだけが福祉じゃない。
人は人から認知されるだけでも安心します。
福祉とはそこから始めなきゃ。

A0eab68ecd6f26fe9a3dba49f553b0db1

サンタさんは小さな「もの」と大きな「こころ」をプレゼント!

2014年8月25日 (月)

職場のメンタルヘルス、市民講座

毎月1回、新宿の東京医大で行われている公開市民講座を聴きに言った。

精神科の丸太敏雅教授の「職場のメンタルヘルス」話でした。

最近、会社の中でメンタルヘルスの不調を訴える人が増えてきて、問題が出てきています。
まわりの方が気がついて、友人、家族が病院の精神科へ通院をすすめても、、、十中八九絶対に行かないそうです。
それくらい一般市民の意識の中では精神科(精神病)への敷居が高い。メンタルヘルスと言い換えると一般的になるし言いやすい。

それで、厚生労働省は企業内の保険師さんに、メンタルヘルスのチェックと予防を、企業内で行うよう推薦しています。本人の気づきだけを待たないということ。

C40ec9d38b976f59bce660dc7a3b41021

日本の労働者6400万人

予防
早期発見
治療
復帰

を企業内の保険師さんと病院のお医者さんが手を組んでやります。
自分では精神科に行かない人を早期発見して、休ませ医師に手渡していくのが使命。

日本の自殺は年間で3万人以上、、、!
交通事故死よりもふつうの戦争死者より多い。

メンタルヘルス異常は日本では意外に多い。国民全体に対する割合は、、、以下のとおり。
統合失調症     0、9%
うつ病       3、1%
パニック障害   17、4%
アルコール依存症  4、8%
などなど

最近話題になっているのが、新型うつと呼ばれるもの。
20代若者が多くて、現実の仕事から逃避し、仕事から離れると元気になる。
これなどは仕事場への適応障害だと考えられるし、昔だったら逃げ場がないのでボカッと先輩やオヤジに殴られるだけ。社会の優しさが産んだ病気じゃないかと私は思います。

4647a579fde45edfa0724a13178379b21

公開講座がいろいろあり、勉強すると面白いです。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ