グルメ

2017年3月 1日 (水)

昇楽、中華

代々木の老舗でしょう。
いかにも昔ながらの中華料理屋さんそのもの。
おいちゃんと若旦那(結構年配だが)でどう見ても親子かな。
 
K_0161
 
夜の7:30から代々木公園で南蛮連合のインターバル練習があるが、アパートを出たあたりで空からポツリポツリと雨が降ってきた。アレーという間に雨脚が強まってきた。
軟弱なランナーなので途中にある中華料理屋さんの昇楽につかまった。
左目にメニューウインドが入ったのが運の月だった。
練習をやめてお食事だー。
今日の予定では、9;00まで練習して、スーパーのマルマンに立ち寄り、買い物をしてから夕食を作るつもりだった。
昇楽で食べたら一石二鳥じゃないか???
 
K_0163
 
五目そば850円
なんてことはない五目そばですが、具がやたらと豊富で栄養価が高そうです。
肉から卵、なると、昆布、etc、八宝菜みたいで店屋物にしてはバランスが良い。
K_0164
 
麺は昔ながらの細麺です。
そりゃ、このお店で極太麺が出てきたら意外になりますものねー。
 
K_0162
 
地元の人たちに愛されている庶民食堂のようでした。
ひとり身にはお助け食堂かなー。

2016年12月 1日 (木)

いそじ、ラーメン

代々木1丁目のラーメン屋さん、いそじ(麺恋処)は、ずいぶん前から知っていたが、入ることはなかった。

ランニングのコースです。

店内が混んでいて外まで行列があったり、自分に用事があったり、よく通るのだがいずれと思っていた。

Dscn6880_01

昼時だがこの日は空いていた。もっとも次々にお客さんが入ってくる。ラーメン屋さんは回転が早いのだな。

注文するとすぐにラーメンが出てきました。

スープはドロリとしていて、味が濃く脂も多そうだ。

極太ストレート麵が特徴で見た目で、、、太いなーって思う。

Dscn6883_01

うどんくらいありそうだ。

汁が濃いいので麺とのからみは良い。

私には麺がちょっと太過ぎだな、イクラゴワゴワ麵が好きだと言っても、、、。

Dscn6884_01

焼き豚は硬めです。

普通の味で舌の上でとろけるようなことはない。

冷たくて固くて板みたいな焼き豚で、もう少しやりようがあるんじゃないかと、びっくりした。

Dscn6886_01

スープはどろどろで濃い。

ゆずが入っていて、麵を食べているときには気が付かないが、スープを飲むと気が付くぐらいだ。作るときに店主が「ゆず入れますか」と聞いてくるが、正直いってどっちでもいいが、入れてくれるなら入れて頂戴というかんじだ。

Dscn6887_01

煮卵も普通だ。

Dscn6889_01

メンマの量が多かった。

私が頼んだのは全部載せだったからか、、、。

なるとが入っているのは、いまどき珍しい。

味が濃いいので私好みじゃなかったが人気店です。

Dscn6879_01

左の3つの大釜がスープです。

右正面の湯でガマは常時ぐつぐつ沸騰している。

そこは撮影禁止だそうです。

Dscn6878_01

狭いお店ですが厨房には4人もいらした。

Dscn6891_01

代々木の人気店です。

いそじ 食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130403/13041621/

東京都渋谷区代々木1-14-5

食べログの評価は3.58と高いが、票がはっきり分かれていた。次郎系と言う方がいるけど、全然違うと思う。濃厚豚骨魚介系だろ。その割には味がぼやけているのか。野菜も少ないし、、、。詳しいことは私にはわからないが、ちょっとドロドロすぎる。高脂血症まっしぐらって感じかな。

サービス業は難しいなと思う。

私だってサービス業の端くれで、人から見たら案外独りよがりのスタンスなのかもしれない、、、と考え込んでしまうことがある。自分でこれで一番と思ったことでも、広い外から見ると重箱の隅を突っつくようなことに執着しているのかもしれない。


麺恋処 いそじラーメン / 南新宿駅代々木駅北参道駅)   
昼総合点★★★☆☆ 3.0

 

ジャンル:
ラーメン

 

2016年11月 8日 (火)

ピッツエリア・ドォーロ、イタリアン

甲州街道沿いのピザ屋さんに行くつもりが、1本手前のピザ屋さんに入った。

初めてのお店なのですごく楽しみだった。

新宿、代々木界隈はイタリア料理屋さんの超激戦区と聞いています。

このお店は昔からあって近くだったが、2階にあるので足が向かなかったのだ。

じゃーん

00085

1階にある中華料理屋さんは本格的なようでいつも満員です。

ドォーロは2階にあるので、いつか行かなきゃと高くなっている目の前の公園から眺めていました。

00086

 

この日は雨が降っていたので、歩き回るのが大変だったのだ。

ピッツエリア・ドォーロ httpmetius-foods.com

食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006566/

食べログの方がわかりやすい。

食べログで評価があまり高くないのにびっくり。

評価で3、15ぐらいはあるが、私が食べてかなり満足だったので、3、5ぐらいじゃないかと思っていた。新宿はイタリアンの激戦区だから、おのずと評価が厳しくなっているんだと思う。

00098_2

メニューを見て赤ワインとスパークリングワイン、スパークリングウォーターをまずオーダー。

メニューも眺めてあれやこれや考えるのが楽しいでしょ。

前菜に生ハムと柿、イチジクの盛り合わせ。

00088

いろどりがきれいで、生ハムの塩っけが美味しかった。

イチジクも柿も旬ですね。

00089

私は人の数倍ぐらい果物を食べているんじないかしら?

毎日、毎日、それこそ今だと柿を1日に2個は食べている。

あとミカンでしょ、ぶどうはそろそろ終わりかな。

来月あたりからリンゴが出てくるしなーーー。

もう一品前菜を頼んだのがこれ、ナスとトマトのオーブンチーズ焼き。

00090

これだけは、、、私の方が豪快だし量もお味もくらべようがないくらい美味しいぞーーー。

2016年7月26日 小平畑で採ってきたナスとトマトを料理

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/48e8f80c4477bbd3f88e7d9df3af1862

1e3979c670cad624cfb00fb28247edfe1

私が焼いたナス&トマト&チーズの方が美味しそうじゃない!

ナスのパルミジャーナが800円だったら、私が作ったトレトレのトマトとナスのチーズ焼きは、美味しさもさることながら、量もすごいから1万円ぐらいの価値があるぞーーー。

迫力が違うよ〜〜〜。

さてさて前菜を食べて、お酒がちょび入って満足げな私です。

00087

イタリア料理にはスパークリングがよく合います。

ピッツェリアと名を売っているので、、、ピザはちょっと変わり種の秋サンマのピザをオーダー。魚介ピザがどんなものか楽しみでしよー。

ポルトガルではイワシのサンドイッチがあるし、イタリアでも魚介類は多く食べているから期待が大きかった。

ジャーン

00091

なんかー色どりがーショボショボーしているけど、どことなくイワシのようなサンマのような良い香りが漂っていた〜〜〜。

うーん、美味そうな匂い!

00092

さっそく、ガツガツと食べ始めーーー。

なんと、なんと、なんと、、、これが美味いの、なんの。

美味しいイワシの缶詰かなんかをピザにぶちまけて焼き上げた感じ。

こんなにサンマとチーズが合うとはねーーー。

初めての一品だったが、これが今日の一番かな!

00093

右にあるのがピザ生地です。

いやはや、サンマピザは素晴らしい!

もう1品ムール貝のパスタを頼んだ。

00094

ムール貝はフランスの片田舎を旅した時に嫌というほど食べた。

フライドポテト&ムール貝がランチでもありディナーでもあった。

バケツ1杯ぐらいありそうなムール貝を出されてもねーーー。

それに付け合せというか、、、同じように洗面器一杯のフライドポテトが、、、。

こいつら何を食っているのか、、、と唖然とした記憶があります。

まず、デリカシーがないよーーー量が多すぎだし、単品をドカット出されてもねーーー。

ここは日本なので、パスタもムール貝もちょびちょびでした。

00095

ムール貝の殻はさっさと分けて食べやすくした。

スペイン料理のパエリヤも同じだけど、、、どうして殻つきのまま出すんだろう。

海老にしても貝にしても剥いてくれた方が食べやすいでしょ。

パエリヤも味は好きだが手が汚れるのがいやだーーー。

ちょっと塩っけが強い気がするが、十分においしかった。


これまでで、腹は一杯になってメインを頼んだのが億劫になっていた。

お肉が小さかったらいいのになーーーと期待していたが。

じゃーん

00096

子羊のグリルだ~~~。

300g以上ありそうだ~~~。

食べるのが、、、しんどそうだ、テイクアウトをしてくれるかなーーー。

00097

子羊を食べるのは5年ぶりくらいじゃないかしら?

お腹がはちきれそうだったが、貧乏症なので時間をかけて残さずに食べました。

いやはや満腹になった。

お会計で席を立ったら、入り口のアイパッドが目に入った。

00099

最近はこんな文明の利器で席を予約したり客さばきをしているんだー。

パン屋さんでもアイパッドミニで料金計算をして、お客さんに金額を見せてくれます。

レジと連動していて領収書も発行器で出してくれます。

便利になった!

00100

満腹で満足して外に出たら雨は小降りになっていた。

00101

美味しいお店ですよーーー。

わりかし空いていたので穴場なのかもしれない。

ランチ時は満席になるらしい。

2人でワインをグラス1杯ずつで8928円。

ディナーなのでリーズナブルでしょ。

1

食べログでの評価は思ったより高くないけど、私は十分に満足しました。評価以上の料理が出てきますよーーー。

とくにさんまのピザはお勧めします。あーーーナスのチーズ焼きはお勧めしない、私が作った方がはるかに美味しかった。材料が新鮮だったこともあるけど迫力が違う。

食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006566/

食べログの評価が思ったより低いのは、サーブなんじゃないかな。食事そのものはナス・チーズ以外は十分においしかった。ウエイターさんたちがいる場所が入り口から見えない位置にあって、お客さんが入ってきても気がつかない。チャイムをドアーにつけるとかやりようはある。さらに、お客さんを一望できないところいるならば、こまめに客席を回ってくれば良いだけ。ウエイターさんたちが話し込んでいる姿を見かけましたから。サービス業はお客さんの方を見ていなきゃ成り立たない。その辺じゃないのかな、食事内容と評価がかい離している原因は。

ピッツェリア・ドォーロ 新宿店ピザ / 南新宿駅新宿駅都庁前駅)   
夜総合点★★★★ 4.0

 

 

 

 

 

2016年10月27日 (木)

LAITER、ソフトクリーム店

千駄ヶ谷にはお洒落なお店は少ないし、高級料理店もありません。

お弁当屋さんの「ほんのり」が閉店して、後窯にできた「LAITER」は金額からすると、高級ソフトクリーム屋さんです。

「ほんのり」も地元で人気のあったユニークなお弁当屋さんだったのだが、、、。

ほんのりはお弁当屋さんだった  http://studioon.cocolog-nifty.com/yoyo/2014/08/post-81aa.html

 

80248a215e33edcca8683ce276e76c9a2

看板にはフランスで修行したと書かれていた。

いやいや、フレンチで修行ということは、フレンチ・レストランで修行ということかも。

0cc52b8990e170f84e6b509ef6eaf8fe1

 

たまにしか通らない道なので、いつできたか知らなかった。

先を急いでいていちど通り過ぎたが、気になったので戻ってレッツラゴーーー。

自転車を止めて中を覗き込んだら、美味しそうなソフトクリーム店だった。

用事があり時間がなかったが、ソフトクリームに目がない私だから、食べないわけにはいきません!

食べ物に対する欲が深いんですねー。

でも値段が高いものが好きというわけじゃありません。

自分の価値観はしっかり持っているつもりです。

37495c956626bb181285f39c37d66c841

ラムレーズンソフト550円。

ちょっと高めと感じたが、考えたらトッピングがあるのでパフェだったら当たり前の金額かも。

ラムレーズンも自家製なのでしょう。

食べても食べても減らないから、、、ソフトクリームの量が意外にある。

このソフトクリーム1個で腹がいっぱいになってしまった、、、。

あれまーーー困ったことになりそうだーーー。

B5b3be8daef76e39b621c7c5adcd63cf1

フランスで修行したんじゃなく、店長さんはフレンチ・料理出身ということ???

137c3edc56da6566781bb9ea014056f71

このお店で食べるなら、プレーンなソフトじゃなくて、何かトッピングしてほしいなー。

ミルク400円と書いてあるのが、プレーンなソフトだろう。

プレーンが400円だったとしても、、、十分にその価値はあると、私が保証します。でも、せっかく色んなトッピングがあるので楽しんでほしい。

8d3c729e9026057c8ba172c0691296f31

美味しそうですね。

26358bfd402bde3f8ccd2c1476440f9c1

左奥にイートインスペースがあって、女性2人ずれの先客がいらした。

彼女たちも写真を撮っていたから、なにか取材だったのかもしれない。

美味しいソフトクリームを食べたくなったら、千駄ヶ谷のLAITERをお忘れなく。

千駄ヶ谷の大通り商店街にあります。

 

2016年10月26日  再訪

もう一度食べたかったので代々木病院の帰りに昼に再訪でした。

外に自転車を停めて店内に入ったら、、、席が満員じゃないですか。そうか、ソフトだけじゃなく軽いランチを出していたんだ。

1

近隣の人たちの格好のランチ場になっていた。以前ここにあったお店はユニークな弁当屋さんだったし、、、。ソフトクリームだけじゃお店がもたないし、ランチで稼がなきゃもったいない。

1_1

このお店が原宿だったらランチもやらなくて済むかもしれないが、ここは千駄ヶ谷だからね。

1_2

780円のなんだかわからないが、キャラメル味だった。ナッツもいっぱいだ。

1_3

蜂蜜もかかっていた。

至れり尽くせりですなー。

1_4

外のベンチで食べました。

うーん、相変わらず量が多い。

これだけで、昼飯を食べなくて済んだぐらい腹いっぱいになった。

1_5

昼のお店の外観です。フランスちっくなお店です。

LAITER

東京都渋谷区千駄ヶ谷1−22−7

03−6455−5262

http://laitier.net

 

関連ランキング:カフェ | 千駄ケ谷駅北参道駅国立競技場駅

2016年9月18日 (日)

男の料理教室、納豆オムレツ&カツオのたたき

千駄ヶ谷社教館で毎月1回開催されている男の料理教室でした。
今日のメニューは、カツオのたたきと納豆オムレツ他。
_0327
カツオのたたきはやったことない、納豆オムレツも初めてだ。
バジル、チーズ、トマトは最近しょっちゅうなんで問題なし。
ここの男の料理教室は、いつもは「爺~ジロ」と「婆~バラ」の危険(衛生観念)な料理教室ですが、、、。
今日は、、、可愛らしいが「お人柄がやんごとなき孫娘」が登場してジージロとバーバラをいたぶったり、茶々を入れたりでにぎやかな教室になった。
_0325
可愛らしい小悪魔さんがジージロとバーバラのお手伝い。
_0318
今回のジージロは手際よく分担して料理でした。
_0319
納豆オムレツを作るのは初めて。
ごく一般的な料理ですが、初めてだと難しいのなんの!
_0317
男3人で四苦八苦。
手つきがごちゃごちゃにクロスしている。
_0320_2
いちばん奥が最初のオムレツでぐずぐずに崩れてしまった。
左下はお二人に手伝ってもらったもの。
右のキレイにできたものは居酒屋をやっていたバーバラが作ったもの。
サスガにバーバラは年季が入っていてきれいに作る。
昔、お客さんによく作っていたというわけですね。
お味は違うのかしら?
_0315
納豆はかき混ぜただけなので、お味が単調になってしまった。
醤油、ネギ、みょうがでも入れればよかった。
頭が働きませんでした。
_0323
オムレツにフルーツを盛り合わせしました。
男の料理教室には似合わない一品です。
だいたい、呑み助の料理なんで、お酒のおつまみみたいな料理が多くて、健康的なお料理は少ない。
_0322
ナチュラルチーズを振りかけて、電子レンジでチンするだけ。
できるだけ簡略にするのが男の料理教室のメニューです。
定年退職して、妻から三下り半を突き付けられて、男1人で生きながらえる、、、料理を標榜しています。切羽詰まった料理が多いので簡単をモットーにしています。
_0324
本日のメインディシュですが、料理過程の写真がありません。
一心不乱に料理していたからです。
カツオをちょっとあぶり、ペーパータオルで水分を取り切り分けました。
ポン酢醤油で食べます。
ご飯のような炭水化物はなかったけど、おなか一杯になりました。
食べ過ぎです~~~。
ジージロとバーバラはだいたい小食なので、私一人でモリモリ食べたからです。皆さん酒は、、、蟒蛇のように飲んでいました、、、。
男の料理教室の会費は1000円。
毎月、渋谷区の千駄ヶ谷にある社教会館で開催しています。

2016年5月 21日 男の料理教室、チキンフリカッセ(キューバ料理)

http://blog.goo.ne.jp/photostudioon/e/e3b8367673bd8e95554449baee22acca

 

2016年8月10日 (水)

ADDHABIT、代々木2丁目のカフェ&イタリアン

2年ほど前にオープンしたこ洒落たお店です。
いつも混んでいて機会がなかった。
近隣のサラリーマン御用達のお店です。
 
Adscn6163_2
 
今どきのお店なんでお洒落なのは当たり前。
 
Adscn6167_2
 
何回この看板を見て引き返したかわからないぐらいです。
貸し切りが多く、そうでなかったら混雑している。
客層がホワイトカラーが多いのが特徴です。
きっと、近隣の会社のグループなのだろう。
私ははやめの帰宅だったので直行しました。
ラッキーなことに空いていた。
 
Adscn6141_2
 
近くにクラフトビールのお店ができたが、このADDHABITもクラフトビールを置いてあった。
しかし、もっと変なビールがあったのでチャレンジ。
アフリゲムはベルギービーです。
 
Adscn6148_2
 
1本のビールで上澄みと沈殿部を分けて飲むそうだ。
右のグラスが上澄みで「フルボディ」といい、フルーティで香りが高い。
左のグラスが、沈殿部で「ソウル=魂」といい、やや苦みがあってきつい感じ。
色の濃度が違うでしょ。
 
Adscn6145_2
 
大きなグラスに上澄みビール。
Adscn6152_2
 
1本のビールで2度味わえるそうだ。
最近、巷ではエールビールや地ビールはやりですね。
 
Adscn6155_2
 
サラダと沖縄豚のグリルを注文。
 
Adscn6158_2
 
肉ではあるけどお野菜がタプ~リです。
 
Adscn6159_2
 
なかなか美味しい島豚でした。
 
Abimg400
 
軽い感じの良いお店です。
 
Abimg399
 
お勧めします。
しょっちゅう貸し切りしていますので、行くとき注意。
 
 

2016年7月10日 (日)

YGG BREWAERY & BEER KITCHEN

地ビールのお店です。
新宿駅から10分とかからないところにビールの醸造所ができました。
ビールの種類はエールビールだそうです。

ビルの中に醸造所があって1階がオープンテラスでEVで7階に上がるとビアーキッチンがある。いろんな人が出入りして面白そうだなーと思っていた。

外からも醸造所のシルバーのタンクが、ガラス越しにズラッと見えます。

こりゃ美味しいビールが飲めそうだーーー。

1

私が訪れたときは21:00過ぎだったので、1階はお客さんは少なかったが、7階のキッチンはいっぱいだった。

業界人でも殺到しているのかと思ったが、どーも近所のサラリーマンのようでした。代々木には特にこの近辺は面白いお店が集中しています。感度の良い人と言うと業界人と考えるでしょうが、実際は高給取りのサラリーマンの方が鵜の目鷹の目だったりして。

ご近所のと言っても、世界一の製薬会社もあればIT企業もあるし、企業人が何人かで来ていたようです。サラリーマンは感度が高いんだぞーーー。

そのフロアーにはお客さんが20人ぐらいいらしたが、全員男なのは異様だった。女性の方がこういうお洒落で目新しいのが好きなはずだが、この日に限っては白いワイシャツ姿のバリバリ若手社員?ばかり、、、。

1_1

うーむ、どんなビールが出てくるのか楽しみですねーーー。

1_2_2

7階の踊り場から見えた文化服装学園と製薬会社ファイザーのビルが衝立のように見えます。

あの建物の先に甲州街道(20号線)があります。

新宿駅は建物に沿って右に300mぐらいか。

ジャーン

1_4_2

右が代々木アンバーエール、ホップの風味がつよい。

右が新宿ペールエール、柑橘の風味で苦味がつよい。

この日は4種類の手作りビールがありました。その日によって違うみたいだ。しかもネーミングが地元の名前を冠しているのが面白い。

他に「歌舞伎町スタウト」コーヒーのように真っ黒で甘くほろ苦いお味だそうです。「セッショナブル甲州街道」はアプリコットの香りと苦味と甘みが程よくバランスしたビールだそうです。

4種類のエール・ビールは800円です。

他の方のブログではリーズナブルな価格と書いてあったが、私はビヤガーデンをよく知らないので妥当かどうかもわかりません。

1_3

YGGに来たら普通のラガービールを飲んじゃおしまいでしょう。一応は他のメーカーのビールも置いてあるようですが、、、。

1_5

ワイシャツ姿のお客さんたちは、同じ会社の仲間らしくワイワイガヤガヤ、けんけんごうごう仕事から遊びの話までにぎやかだった。隣のお客さんは30代の方たちでお育ちが良さそうな、、、食べるは食べるは、、、元気なんで私もそれを見ていたら腹が減ってきた。

1_6

私はアルーコールでビールが一番苦手で、ワインが好きです。

ワインと言っても美味しいのをグラスで一杯ですね。

美味しい不味いはわかるけど、基本的に下戸だもの、、、ほんのコップ一杯飲めれば満足です。

それで、メニューを見て料理を頼んだが、、、それが全て仰天するような代物だった。

ひどいわけじゃなく、反対にびっくりするような出し方で美味しかったからだ。

1_7

これなんだかわかりますか?

タレが塗ってあって、焦げ目が付いていてタコスの粉(香辛料)が降りかかっている。

トウモロコシのメキシカングリルだそう、、、。

トウモロコシをこんな風うにステーキのように焼いて食べるなんて、、、考えてみればお米を日本人はいろんな食べ方をするからなー、トウモロコシが主食だったら、、、、ありえるか。

お米は混ぜご飯から。お稲荷さんになりお寿司になり、おはぎになり、お餅になってせんべいにまでなる。せんべいだって普通の醤油せんべいからポンせんべいだってあるし、7変化しますからーーー。

このトウモロコシのメキシカングリルが美味いのなんの、、、初めてですよーーーこんな食い方は!

アップで見ると、、、。

1_10

ハーブが乗っかってタコス味でタレと絡んで絶妙なハーモニー。

トウモロコシの芯は同じようにガチガチに硬かった。

これお勧めですーーー。

1_9

トウモロコシを食べて仰天したので他にも頼んでみました。

今食べているのがポートベロマッシュルームバーガー。

注文したはいいけど、オーダーしたものが来るまで何だかわかりません。

カツサンドのバーガーかと思いきや、大きなキノコの揚げ物をサンドしたバーガーだった。

1_8

おっと、そうきたかって感じかなーーー。

付け合せにピクルスが無造作にドーンって置いてあった。

かじれって言うのか?

お肉じゃなかったのでベジタリアンの方にも楽しめるお店です。

食べるごとに腹が減ってくるので、もう一品をオーダー。

1_11

うーん、

どうなっているか、わからん。

ごちゃごちゃタレがかかっていて、クッキーまで付いている。

確かスパイシーミートボールのはずだが、、、。

ホークで転がすとゴルフボール大のミートボールだった。

色が白いので鶏肉のようにしか見えません。

でも食べるとポークのようで、きっとお肉に赤く色つけしていないのだな。何を食べているんだかわからないところがいい。

YGG BREWAERY & BEER KITCHENのビールはここで醸造しているんだから唯一無二のビールです。だけどここの料理も超独創的なメニューで色々食べてみたいですねーーー。

1_12

天井には泡のようなガラスがぶら下がっていた。

1_13

7階のキッチンはお勧めです、1階のテラス席はビールをさらっと飲みに行くようなお店になっています。

若い人や女性は1階にいらしたけど、7階は男性客しかいなかった。でもこのメニューは女性に受けると思うよーーー。

1_14

2人で食べて5000円だったら安いものです。もっともビール一杯が800円だから、呑んべいだったら1万円が最低かなーーー。

http://www.yygbrewery.com

東京都渋谷区代々木2−18−3

新宿駅南口から5分とはかかりません。

ワイワイジーブルワリー&ビアキッチンビアホール・ビアレストラン / 南新宿駅代々木駅新宿駅
夜総合点★★★★ 4.5

 

 

 

2016年5月22日 (日)

男の料理教室、チキン・フリカッセン(キューバ料理)

男の料理教室は千駄ヶ谷社教館で毎月1回開催。

今日は中南米のキューバ料理です。

カストロ直伝の真赤な旗がはためく料理チキン・フリカッセンです。色はトマト程度の赤さだった。

Kouza_004_2

男の料理なので、できるだけ簡単に早くできる料理を考えています。

それに、、、ここの男の料理教室は、酒の飲み方教室の感があり。

じゃーん

Kouza_0016_2

 

手前左がチキン・フリカッセ。

真ん中が小平畑でもいできた春菊のレモン汁といりごまです。

左手中がこれも、この日とってきた小松菜と人参のナムル。

カストロ飯じゃご飯は合わないので、バゲットにクリームチーズと干しブドウ。

アルコールはテキーラを炭酸で割ってバジルで香り付け。


この日の料理教室に備えて、小平の畑に大きくなりすぎた小松菜を収穫しに行きました。

Kouza_0005_3

鶏肉をざっくり大きめに切り、最初に皮を下に炒め始めます。

皮から油がじんわり出て焦げ目がついて来たらひっくり返して肉側にも焦げ目をつけます。

Kouza_0007_2

裏表ともこんがり色が付きましたら、取り皿に取り分けておいて、スープができたら肉を投入して30分コトコト煮込みます。

割かし簡単な煮込み料理です。

チキン・フリカッセの出来上がりです。

Kouza_0014_3

ジャガイモの分量が多いですねー。

合わせたスープはニンニクを適量に小さく切って、玉ねぎは大雑把にザクザク切る。トマトペースト、ブイヨンか水、辛口ワインをたっぷり、塩と胡椒、レモン汁は鶏肉を炒める前に漬け込みました。30分煮込むのは大きく切ったジャガイモに火が通る時間です。最後に生のピーマンを添えて出来上がりです。

スパイスにローレルがあるといいですねー。

Kouza_0009_2

 

大量に持って行った小松菜はちょびしか料理されなかった。

後は6人に分配してお持ち帰りしてもらった。

小松菜ナムルは、ゆでた小松菜を良く水切りして絞ります。3cmぐらいの大きなに切り分けて、千切りにした人参とあえます。ここで中華だしとごま油でベースを作り、コショウ少々、レモン汁少々、ゴマは適量に。これだけで本格的なナムルの出来上がり。

Kouza_0010_2

春菊は葉の部分を切り刻んでレモン汁とサラダ油でさわやかサラダの出来上がり。

いやいや、皆さん料理の知識がおありで勉強になります。

Kouza_0008_2

アボガドと海苔佃煮の「ご飯がうまい」あえです。

デザートにバナナ、パイナップルとミカンの缶詰にヨーグルトです。

Kouza_0006_2

できるだけ簡単に早くできるように。

Kouza_0012_3

ヨーグルトをあえました。

Kouza_0015_2

子供ちゃんがお手伝い。

女の子は良く手伝ってくれます。

Kouza_0011_2

カストロ飯にはご飯が合いそうもなかったので、バゲットにクリームチーズを用意。トッピングは干しブドウ。これで結構中南米風になったかも。

キューバ料理なんでアルコールはテキーラでしょう。

私は飲まなかったが、10人で6本ぐらい空いたのではないか~~~。

Kouza_0013

テキーラを炭酸で割ってミントを入れる。

カストロ直伝のチキン・フリカッセでした。

何しろ今日の料理教室の先生はキューバまで押しかけて行くぐらいの、バリバリ真赤なカストロファンでしたからー。

こんな料理を食べたら大きな赤い旗でも振らされそうですね~~~。

くわばらくわばら。

2016年5月10日 (火)

ガーデンハウス新宿、季節の食材料理

ガーデンハウス・シンジュクは新宿駅南口にできたニューマン(駅ビル)の4階にありました。

鎌倉で4年前にオープンして人気のお店が、新宿駅に出店したのです。2階にはガーデンハウスのパン屋さんが入ったそうです。原宿や代官山にも出店して勢いのある人気店です。

お店のURLは、http://www.gardenhouse-shinjuku.jp/gardenhouse_shinjuku/

バスタから夜行バスに乗る前に夕食を食べに行きました。

201659p8

初めてのバスタで、初めてのニューマンでお食事です。

ガーデンハウス・鎌倉のお食事についてくるパンは、パラダイスアレイのものだったが、こちらは自家製のようです。

鳥の香草焼き

201659p4

鳥の皮もパリパリに焼けていて、なかなか食べがいのあるボリュームで、しかも美味しかった。

食べ物屋さんで、量が貧弱だと、どんなに美味でもガッカリします。

ある程度は腹が満足できる量も欲しいですからね。

201659p13

パン盛り合わせとサラダです。

そういえばビールは鎌倉の地ビールが置いてありました。

最近はビールも個性的になってきて、メジャーなブランド以外に美味しいビールがどこでも飲めるようになりました。

201659p2

自家製ツナとアボガド&香草です。

ツナはボリュウムもあり、缶詰のツナとはひと味もふた味もちがう。

こんなツナは初めてです。アボガドもタプ~リで食べごたえがあります。

ガーデンハウスが人気なのは、美味しくて食べがいがあるからじゃないかな。お洒落で材料にこだわっていて、今風なんですね。

201659p3

相棒は地ビールだったが、私はミントティーを注文。

美しいガラスの急須で出されてきました。

モロッコで本場のミントティを飲んでいたが、こんなにキレイな入れ物じゃなかった。金属製のブリキ細工のような、あちこちベコベコへこんだような急須だった。だけどミントの葉は急須からあふれるように入れてあった。原始的なミントティーというかダイナミックだった。

ガーデンハウスのミントティーは上品なお味です。

201659p5

デザートはココナッツ・バナナ・タルトです。

キャラメルをかけて食べるとマタ~リします。

201659p14_2

新宿駅の駅ビルのニューマンのレストランや喫茶は1階は超がつくほど満員です。

4階まで上がってくると、若干すいていますから、お勧めします。

ガーデンハウス・新宿

03-5925-8871

GARDEN HOUSE Shinjukuカリフォルニア料理 / 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅)  
夜総合点★★★★ 4.0

2016年5月 1日 (日)

ビストロ・クリクリ、料理とワインのお店

ビストロ・クリクリは、、、40年前から知っています。
その頃に独立し代々木5丁目に事務所を構えました。
当時は仕事柄、近隣の美味しいお店を探していました。
クリクリはアラブ、中近東料理屋さんだと思っていましたが、エリさんの話では「お店のティストは時代で変わるんですよー」。
 
Adscn5154
 
厨房からして何料理屋さんかわからない。
大きな食器棚は日本古来のもので御器棚とでも言いましょうか。
ひとり一膳ごとに出していた膳をしまう食器棚です。
この厨房のたたずまいも昔からのものです。
 
Adscn5159
 
内装も外観も独創的です。
今風のオシャレじゃありません、手作り感満載の「ゆるーい感じ」がいいですね。
 
Adscn5182
 
お店の場所はJR代々木駅からまっすぐに走る道と、明治神宮の西参道が交差するところ。
交差点の角にあります。
昔から味のあるお店で、ご夫妻の良い味が出ています。
西参道の銀杏並木を作られたのは、ここのマスター「ケンさん」のおやじさん。
 
Adscn5152
 
その昔メニューに、へんてこりんな「シリアの混ぜご飯」と言うのがあって、人を連れてきたときは必ず、この「シリアの混ぜご飯」を最後に食べました。
シリアの混ぜご飯は色がブルーグリーンだったんですよ~~~。
度肝を抜かれるご飯だった。
意表を突かれる尖がった食べ物だった。
いつぞや随分経ちますがお店に行ったときに、シリアの混ぜご飯はやめましたと聞いて、すごくがっかりした記憶があります。
なんでも、私の記憶が正しかったら、シリア国家から「シリアの混ぜご飯」なるものを作るなと文句が出たと、、、。インスピレーションなんだから「シリアの混ぜご飯」ぐらいいいじゃないかといかった次第です。
怪しいシリアと思われたくなかったんでしょうね。しょせんシリアなんだものいいじゃないかーーー。
で今日はモロッコ風サラダを手始めに、、、。
じゃーん
 
Adscn5163
 
自家製パンはゴマ入りでした。
 
Adscn5165
 
バターにはオリーブの実が練りこんであった。
しっかり美味しい食事パンです。
日曜日の夜はは予約制で、予約があった時だけ営業しています。それで電話して先客がいることを確認してお邪魔しました。
日曜日はランチはやっているそうです。
メインは鰆と季節の野菜のココナッツ・ソースあえ。
もう1つは鶏肉のグリル・トマトソース。
 
Adscn5168
 
ココナッツとお野菜の美味しいこと、、、。
鰆もくせがなくて美味でした。
なにより味がきつくなくて、円熟したお味と言いましょうか、、、。
昔のクリクリは尖っていたぞーーー。槍の穂先のように尖ってバリバリ中近東風料理だった。
 
Adscn5170
 
鶏肉のグリルは皮がパリパリに焼けて、思わず皮も食べそうになったが、アスリートとしてそこはぐっと我慢でした。お肉とお野菜のバランスが丁度よい。
お野菜はココナッツソースと同じ材料ですが、これはトマト味で、なんと言いましょうか、地中海料理風です。
以前はこの路線で突っ走っていましたが、マスターが円熟してくるに従い、お味も槍の穂先から、かなりポピュラーになってきました。
現在の方が一般受けするでしょうねーーー。
昔のインスピレーション・バリバリ料理も面白かったんですよーーー。
参宮橋界隈ではスペイン料理屋さんのマーゴスさんも、スペイン料理なるものが東京に珍しかったころからのお店です。クリクリとマーゴスは参宮橋が誇る老舗です。
デザートも超キレイ。
 
Adscn5177
 
イチゴのババロアにミント。
お上品なデザートです、甘すぎず控えめで美味しいですよ。
超高級料理店じゃありません、、、でも、オンリーワンの料理店です。
 
Adscn5179_2
 
くりくり・マスターのケンさんと写真を撮らせていただきました。
なんとケンさんは中央大学の先輩にあたります。それこれはエリさんの本を見て知ったのです。ワンゲル話で盛り上がりました。
変わらずお店があって、うれしくて励みになります。
クリクリ
ホームページの内容が読み応えあります。長く続けられるのは、ご夫婦に言葉があるからです。思想というと大げさですが、人の筋と言いましょうか。どうぞ読んでください。
「ビストロ・クリクリ物語」黒田絵里著

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ